Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 07月 29日 ( 1 )


2014年 07月 29日

被写体を選ぶ眼

去年の8月に南信を回った時、 伊那の町で酔眼朦朧となりながら撮ったものが上の写真だ。

かなりキコシメシ、 それでもISO400+F2.0のおかげで見苦しいほどにはブレてはいない。 ただ、 こんな看板をブログにアップする気も起らず、 これまで放っておいた。

ところが今月に出た枻(えい)出版社のCAMERA magazineを見て驚いた。 写真家の尾中浩二氏が全く同じ看板を撮っていたのだ。 それが下の写真だ。

これまでも、 書くのもハバカラレル竹内敬信氏と全く同じアングルで、 山中の砂防堰堤の上のヤマフジを撮っていたり、 お名前は忘れたが、 八千穂自然園の小さな滝をほぼ同じ目線で捉えていたこともあった。

無論、 僕が撮った方が先で、 そのあとに雑誌媒体で諸氏の写真を拝見したのだった。

それにしても伊那の片田舎のこの看板をプロが被写体に選んだとは! 被写体を選ぶ僕の眼も、 マンザラ捨てたもんじゃない。
e0126386_21442592.jpg
e0126386_21444123.jpg
上の写真 OLYMPUS OM-4Ti + ZUIKO35mm F2 + SUPERIA PREMIUM 400

by libra-mikio | 2014-07-29 21:57 | | Comments(0)