Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 07日

反省

e0126386_19152516.jpg

母がデイサービスに出かける時はいつもお迎えの係の方が我が家の玄関の中まで来てくれる。

今朝、その女性に母を引き継ぐ際、いつもとは違い、彼女が急に満面の笑みで「お変わりはございませんか?」と僕に尋ねた。

いやぁ、母はいつもどおりですよ、と答えようとした矢先、彼女が続けて「ご家族の方もいろいろ大変ですものね」と、身振りを交えて暖かく言った。

数瞬キョトンとしたのだがすぐに理由がわかった。

実は母が玄関で、自分では持たなくても良いタオルなどが入ったバッグ、いつも係の人が持ってくれるはずのバッグを自分で持とうとし、無理な姿勢で体をひねり、土足で框に足をかけのだ。

そしてその際、僕は舌打ちをしながら「そんな事はいいんだよ」と独り言を言っていたのだ。

耳ざとくそれを聞きつけた彼女が即座の判断で、僕にやんわりと気づきを与え、且つ親身になって僕を気遣ってくれたのだった。

彼女に対する感謝が湧き起こると同時に、恥じ入り、反省した。



by libra-mikio | 2018-11-07 19:17 | Mic記 | Comments(0)


<< 根源      キュートな記憶 >>