Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 13日

寅は大乗である

e0126386_22061724.jpg

毎週、寅の映画(土曜は寅さん!)を見ていて、これは紛れもなく大乗の教えであると確信した。

寅は衆生であり、周囲も無論衆生である。

もちろん衆生であるがゆえに利己の考えを持つが、柴又の帝釈天、即ち、経栄山題経寺の御前様に導かれ大乗の、利他の教えをその胎内に濃厚に宿している。

寅は市井の人間ながら、優婆塞(うばそく)になっている。

そして最後には利他の精神が横溢する。

何という深い映画か!

留学生が寅をして日本人の思考を探る一助にしているというのは、実によく理解できる話である。



by libra-mikio | 2018-10-13 22:08 | Mic記 | Comments(0)


<< 初秋      犬とか影とか・・・ >>