Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 08日

メディア、及びメディア・リテラシー

e0126386_21583826.jpg
5歳の女の子の悲報がメディアに流れる。
僕はその記事が目に入る刹那、新聞なら読まずにページを繰り、テレビニュースなら即座にスイッチを切る。
だって、可哀そうで気の毒で、そんな情報を体に入れたくないからだ。

はっきりとその種のコンテンツを自ら遮断したのは、西鉄バスジャック事件に遡る。
今でも覚えている。
週刊文春の記事をうっかり、本当にうっかり読んでしまい、魂が疲弊した。
それから文春にしろ新潮にしろ読まなくなった。

ジャーナリズムは正確に伝えることに存在意義がある。
でも僕は知りたくないことまで、強制的に知らされたくはない。
また僕にはそれを取捨選択する自由がある。
伝えられたことを鵜呑みにするか、疑念を抱くか、自ら判断を下すという自由がある。

いずれにせよ、嫌な話は聞きたくない。
耳を塞ぐ。
目を覆う。
しかし口をつぐんではいけない。
主体性はあくまで僕自身のものである。

メディアの皆さんよ、お金には結びつかないかもしれないけど、「今日のハッピー」みたいな、心温まるコンテンツだけの特集をしてみないか?
ニュースを受け取る皆さんよ、そろそろリテラシーを磨いて、メディアの淘汰を始めないか?
e0126386_21590565.jpg


by libra-mikio | 2018-06-08 22:37 | Mic記 | Comments(4)
Commented by koitukiusagi at 2018-06-09 08:33
まったく 同様です
哀しくもあり 怒りあり
怒ってばかりになるので このところ数年 テレビのニュースは見ていません
ネットで 確認程度
怒る自分がまた嫌になるので💦
Commented by libra-mikio at 2018-06-10 19:10
つき様、ご同意いただき嬉しく思います。
とうに言われていることですが、今は情報が多すぎます。
おそらく僕が持っていないアンテナにも流れているだろう情報も含めれば、それは幾何級数的に増加し、まず一生を掛けても全てを吟味することは不可能でしょう。
そしてその質は確実に劣化しています。
そうなればメディアリテラシー、情報リテラシーを磨くことは、自分を守る盾を堅固にすることと同義です。
情報リテラシーを磨いておのがイージスとせよ!
お、なんか次のブログのお題ができちゃいそうですね(笑)

Commented by DON VIAJERO at 2018-06-14 01:59 x
「刹那」!
同意します!!!
可哀想過ぎますよ!

隣接する息子家族にも同じぐらいの子がいますが、
すべてが「Unbelievable」です。
政治家と呼ばれる方々も含め、親たる者たち
その器であるか厳正な試験が必要かも‥‥?
Commented by libra-mikio at 2018-06-16 19:57
政治のハナシは置いといて、とにかく、今に始まったことではないですが、日本人の民度がある部分で極端に低下したと思います。
そして、民度、という言葉ではカテゴライズされないほどに、つまり従来有った日本人像から逸脱する人たちが生じていると感じます。
更に怖いのは、その人たちがどこにいるのか、あるいはどこにでもいるのか、それが把握できないことです。

しかし、現段階(6/16)では児相のミステイクということも取り沙汰されています。
もしそうであれば、行政というか、コントロール=統制(全体主義ではなく、民主主義上の統制)がおざなりになっていると感じます。


<< ハス池の憂鬱      アムロちゃん! >>