Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 16日

e0126386_21511556.jpg
どの報道が正しいのかは判らない。
しかし問題の映像のリプレイを見れば見るほど、事実の客観性は担保されていると考えてよい。
そして僕は、見れば見るほど憤怒の感がたぎり、心に怒声を放つ。
日大アメフトチームの限りなく愚かな所業に対してである。

監督という職業に就いた者が自分に対する雇用主の目標達成評価に危機感を覚え、それ故人間としてありえない指示を選手に与え、知力はないが取り敢えず大学生と呼ばれる選手がそれを実行する。
それとも、馬鹿な学生にも多少の知恵があり、監督の立場を忖度したか。
馬鹿馬鹿しい。5流のヤクザ映画だって扱わない。

スポーツ界に、いや、もしかするとそこかしこに潜在する闇が顕在化した事案だと思う。
闇があるから日向がある、それは肯わざるを得ない。
しかし、時と場所を弁えろ。
それができない奴、奴らは、クズだ。


by libra-mikio | 2018-05-16 22:30 | Mic記 | Comments(0)


<< 人はmortalである、とはい...      湘南のカソリック >>