Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 29日

湘南LOHAS



きょうは良い天気になった。北風でスタートしたが昼には南に変わった。
今年初登場のボンボンベッドとチューハイを携えて、いざ浜に。
実に爽快な気分だ。
おあつらえ向きに、少女二人連れが僕のそばに陣取る。
髪が潮風になびき、加山雄三の世界だ。(ただし、カシマシイ!)
最後には空飛ぶオヤジも現れ、浜はあらゆる人に愛されていると、つくづく思った。
e0126386_1814853.jpg
e0126386_182680.jpg
e0126386_1823052.jpg
e0126386_1853729.jpg
DMC-LX2 VARIO-ELMARIT

# by libra-mikio | 2008-04-29 18:08 | | Comments(0)
2008年 04月 28日

誰かの家



帰り道、気になった、誰かの家。
ただ、それだけ。
e0126386_21354589.jpg
e0126386_21362675.jpg
e0126386_21373250.jpg
DMC-LX2 VARIO-ELMARIT

# by libra-mikio | 2008-04-28 21:39 | | Comments(0)
2008年 04月 27日

湘南サンセット



雲のある日、雲のない日。いずれにしろ湘南海岸の夕陽はゴージャスだ。
でも気を抜くと、どれも同じに見えてしまう。
一日として同じ日はないのだから、一生懸命に撮影している。
e0126386_1653532.jpg
e0126386_16532365.jpg
e0126386_16533997.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-27 16:55 | | Comments(0)
2008年 04月 26日

Mr. Midnight sits on a chair.



誰もいない真夜中、辺り一面に夜が充満している。
ミスター"真夜中"がベンチに腰掛けている。
ミスター"真夜中"は一人なのか友達連れなのか判らない。
だって、話し声が聞こえないのだから。
e0126386_1739712.jpg
e0126386_17392673.jpg
e0126386_17394639.jpg
DMC-LX2 VARIO-ELMARIT

# by libra-mikio | 2008-04-26 17:40 | 椅子のある風景 | Comments(0)
2008年 04月 25日

miraculous mirror



自然界には実に美しい鏡がある。
ヴェルサイユに行かなくても、不思議な鏡の間は、至る所に存在する。
要は、それを僕たちが見るか、見落とすか、だ。
心の目を常に開いておきたい。
e0126386_2212283.jpg
e0126386_2223768.jpg
e0126386_223045.jpg
EOS-1V + EF24-70F2.8L + RDPⅢ

# by libra-mikio | 2008-04-25 22:12 | 高原 | Comments(0)
2008年 04月 24日

One shot?



" One shot ? Or many shots with lots of fun ? "
" Of course, with lots of fun and love、with you "
" Foooo!, ha-ha-ha!, great "
e0126386_2110477.jpg
e0126386_21103652.jpg
e0126386_21105823.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-24 21:11 | | Comments(0)
2008年 04月 21日

最期までちゃんと生きる



専門家の方が読んだら、何を小僧が、と気を悪くされるかもしれませんが、
最期までちゃんと生き抜くって凄い事だと思います。
僕は写真を撮りに行くとき、結構朝早く車で出ます。
ラジオから流れるのはいろいろな教えの番組。
先日、涙するほど聞き入っちゃったのは、我々は自分の生を独自・勝手に
生きているのではなく、与えられた生を生きている、という講話。
偉いお坊さん(だろう)が話しているのを聞いて、ものすごく腑に落ちました。
そうであれば、自分に与えられた生を思いっきり生き、且つ、次の生を生きる方への餞として、
僕のこの人生を素晴らしく美しく終えることが大事なのだと思いました。
(別に早く死にたいと思うわけでは無いですよ!)
その為には、無駄に生きてはいけないんです。
ちゃんと、善く生きることによって、素晴らしい終焉を迎えることが出来るのです。
e0126386_2123997.jpg
e0126386_2122302.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-21 21:30 | | Comments(0)
2008年 04月 20日

sakura in monochrome



過ぎ行く季節のメモリーとして、sakura in monochrome.
何度も書くけど、白い桜が好き。
モノクロームなら、すべて僕の好みの花になる。
アデュー、今年のさくら。
e0126386_19203555.jpg
e0126386_1921724.jpg
e0126386_19212827.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-20 19:22 | | Comments(0)
2008年 04月 19日

fantasy in yellow



今年の我が庭のモッコウバラ。
大きくアーチになりかけていたのに、昨年何故か伸びた枝先が枯死してしまった。
慙愧に耐えぬが、エエイッと大きく剪定。
だから今年はアップしか写せない。
少し、切ない。
e0126386_1348676.jpg
e0126386_13482264.jpg
e0126386_13483580.jpg
e0126386_13485034.jpg
EOS 40D + EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM + EXTENSION TUBE EF25 + SILKY SOFT(B)

# by libra-mikio | 2008-04-19 13:52 | | Comments(0)
2008年 04月 19日

酒場



酒場。
以上でもなく。以下でもなく。
オヤジのオアシス。
e0126386_093717.jpg
CONTAX TVS

# by libra-mikio | 2008-04-19 00:11 | | Comments(0)
2008年 04月 16日

pure




pure.
Imagine happiness!
e0126386_23285355.jpg
e0126386_23291034.jpg
e0126386_23292417.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-16 23:30 | | Comments(0)
2008年 04月 15日

孤独



孤独を楽しむ、なんて言葉は嘘っぱちだ。

孤独は怖い。
孤独は悲しい。
孤独はひもじい。

群れの中の孤独ほど、孤独なものはない。

夜の公園で、一人写真を撮っていると気が安まる。
夜が僕を包み、僕を孤独から開放してくれる。
e0126386_20592178.jpg
e0126386_20593841.jpg
e0126386_20595056.jpg
DMC-LX2

# by libra-mikio | 2008-04-15 21:04 | | Comments(0)
2008年 04月 14日

出逢い



今日の写真は、み~んな海っていうか、近所でで出逢った人たち。
み~んな、別々。
そして、誰もが、愛すべき人たち。
e0126386_21372175.jpg
e0126386_21381044.jpg
e0126386_21384936.jpg
e0126386_2139331.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-14 21:43 | | Comments(0)
2008年 04月 13日

ヘンなネコの続き



今日のネコたちは昨日の奴等ほど怖くはないが、やっぱりヘン。
可愛いといえば可愛いけど、夢には出て来て欲しくないなぁ。
おまけにさりげなくカッパまでいるし。(さてどこでしょう?)
でも惹かれたから撮ったんで、やっぱ気に入ったのでしょうね。
e0126386_1447625.jpg
e0126386_14583620.jpg
e0126386_14472137.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM

# by libra-mikio | 2008-04-13 14:59 | | Comments(0)
2008年 04月 12日

ちょっと怖いかも

江ノ島には不思議と猫が多い。しかも不思議な猫が多い。
さらっと見る分にはたわいもないのだが、じっくり見るとすごく妖しい。
アップで撮ると怖くなってくる。今夜、夢に出て来そう・・・
e0126386_18252271.jpg
e0126386_18253641.jpg
e0126386_18255241.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM

# by libra-mikio | 2008-04-12 18:36 | | Comments(0)
2008年 04月 11日

誰が座ったろう



旧小山城跡。
満開の桜に、ベンチがぽつんと。
社会の中でも、僕はぽつんと。
e0126386_2335960.jpg


# by libra-mikio | 2008-04-11 23:36 | 椅子のある風景 | Comments(0)
2008年 04月 10日

想い出



この日、浜は少し寒かった。でも、ちひろの子たちは元気だった。
波との戯れ。貴方にも経験がおありでしょ?
ちひろの子たちにとって、このひと時はきっといい想い出になる。
絶対になる。
e0126386_21505445.jpg

e0126386_21511494.jpg
EOS 40D + EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM

# by libra-mikio | 2008-04-10 21:54 | | Comments(0)
2008年 04月 09日

温もり



すこ~しヤバイ、かな・・・パトが来たら、即、職質。
でも以前から撮ってみたかったの。特に、冬のさなかに思ったの。
夜の帰り道、他の家の窓辺の温もり(別に僕が天涯孤独、という訳ではありませんが)。
マッチ売りの少女じゃないけど、いろいろな想像が頭を飛び交う。
そこに暮らしている、暖かい人々の、暖かい暮らしが・・・
e0126386_2171890.jpg
e0126386_21114820.jpg
e0126386_21123673.jpg
e0126386_21125670.jpg
DMC-LX2 DC VARIO-ELMARIT

# by libra-mikio | 2008-04-09 21:18 | | Comments(0)
2008年 04月 08日

桃源郷



山梨には「◎◎桃源郷」と名付けられた場所が幾つかある。さすが、桃の名産地だ。
当然野生の桃ではなく、果樹園芸の農作物だ。
しかしその花の可愛らしさにおいて、野生も果樹もない。桃は桃だ。
さくらは中途半端なピンクより白い花が好き。桃はまさに桃色のビビッドな花が好き。
e0126386_1747521.jpg
e0126386_17472058.jpg
e0126386_17473411.jpg
e0126386_17475055.jpg
EOS 40D、EOS 30D + EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM、EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM

# by libra-mikio | 2008-04-08 18:00 | | Comments(0)
2008年 04月 07日

野の花は野の花



石川セリ。なつかしー! ♪ 野の花は野の花 ♪ 知ってます?

光に満ち溢れ、透過光が葉緑素を浮き立たせる。
中には、もう達観しちゃってるたんぽぽ君もいたりして。
・・・春の野は、うららかです。
e0126386_21451870.jpg
e0126386_21454122.jpg
e0126386_2146147.jpg
EOS 40D + EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM

# by libra-mikio | 2008-04-07 21:51 | | Comments(0)
2008年 04月 06日

清冽な大気の中で



秋のように透明な空気ではないが、早朝の山梨の大気は凛としていた。
桃を狙って来たら、桜が満開。しかも僕の大好きな白い桜。
遠く南アルプスの雪嶺をバックに、清々しい桜たちに逢うことができた。
e0126386_1491230.jpg
e0126386_1493349.jpg
e0126386_1471986.jpg
EOS 30D、EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM、EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
笛吹市 小山城跡

# by libra-mikio | 2008-04-06 14:11 | | Comments(0)
2008年 04月 05日

星と富士



ついさっき、今日の撮影行から戻ったばかり。
思いっきり春を堪能してきた。桃を目当てに甲州に行ったが、まだ桜が全開だった。
それはそれで気分がよい。甲州の桜は白系が多いようで、更に気分がよい。
桃もエリアによっては瑞々しく花開き、更に更に気分がよい。
しかしここにアップしたのは、帰りの山中湖で見た富士と星空。
闇に溶けかかる富士に、名残の冬の星座が煌く。
いいものを見た。
e0126386_14213131.jpg

EOS30D + EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

# by libra-mikio | 2008-04-05 22:41 | 高原 | Comments(0)
2008年 04月 04日

いいな



いいな。ふたり。夕暮れの浜。ヴァイオレットの帳。
しあわせでしあわせで仕方がない。
何を言ったって楽しい。笑い声しか出てこない。
この世に悲しみなんかない。あるのは希望だけ。
勇気をもらった宵。
e0126386_21272978.jpg
EOS40D + EF100-400f4.5/5.6L IS

# by libra-mikio | 2008-04-04 21:36 | | Comments(0)
2008年 04月 03日

暮れなずむ渚のヴィーナス



夕暮れの浜辺に、何故かヴィーナスがいた。
立って、座って、歩き回って。時折軽やかにステップを踏む。
なんとも不思議な、春の宵が連れてきたヴィーナスだった。
e0126386_19243549.jpg
e0126386_1925393.jpg
e0126386_19255775.jpg
EOS40D + EF100-400f4.5/5.6L IS
*お約束なのでお顔の判らない写真をチョイスしています、悪しからず・・・

# by libra-mikio | 2008-04-03 19:28 | | Comments(0)
2008年 03月 30日

浜の愛




自分で言うのもナンだが、こういう写真はでっかくプリントすると、味わいが増す。
この夫婦、雨にもかかわらず、愛犬の散歩に浜までやってきた。
傘を持っているから、途中で降り出した訳じゃない。
いいな。わんこは家族なんだな。浜で、愛を見た。
e0126386_1826990.jpg
EOS40D + EF-S17-55F2.8IS

# by libra-mikio | 2008-03-30 18:28 | | Comments(2)
2008年 03月 29日

竜宮幽玄



久しぶりに伊豆で潜った。その成果である。
というのは真っ赤なウソで、
久しぶりに新江ノ島水族館に行って、撮った。
ロコは「江ノ水」[enosui]と呼ぶ。年間フリーパス買っちゃった。
モトを取るために、これからサカナ関係の出稿が増えますよ。
こいつ、実に優雅で幽玄でした。
e0126386_1923427.jpg

EOS30D + EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

# by libra-mikio | 2008-03-29 19:24 | | Comments(0)
2008年 03月 28日

tulip



チューリップ。
夢夢しいお花ですね。
これをまた、夢夢しく植える方がいらっしゃるんですねぇ。
ガーデナーは咲きそろった状態をしっかりと脳裏に描いて、庭を創造するのですね。
芸術ですよねぇ。
e0126386_20461862.jpg
EOS30D + EF24-70F2.8

# by libra-mikio | 2008-03-28 20:48 | | Comments(0)
2008年 03月 26日

酔眼観桜



酔眼観桜って言う四文字熟語は、もちろん今創った造語。
花見で酔った眼に、見える景色をリアルに再現してみました~!
僕の経験から言って、この写真の出来はパーフェクトです~!
皆様、ど~お?
e0126386_21314312.jpg
EOS40D + EF-S17-55F2.8IS

# by libra-mikio | 2008-03-26 21:33 | | Comments(0)
2008年 03月 25日

荒天



ついさっきまで、大雷雨!稲妻バリバリ、挙句に雹(ひょう)!
近所の公園に行ってイナビカリを写し撮りたかったけど、雷に打たれて感電死では、
末代までの笑い種になるので中止。
代わりに自然の強さを表現した写真をピックアップ。
このときも台風並みの強風波浪だった。
e0126386_21163444.jpg
EOS1V + EF100-400L + RDPⅢ

# by libra-mikio | 2008-03-25 21:18 | | Comments(0)
2008年 03月 24日

neko-chan



生きている猫は得手ではないが、先日来生きていない猫によく合う。
しかも国籍不明。でも、なんか惹かれるんだな。
この時、真ん中の猫チャンが僕をニャアと呼んだ。だから撮った。
でも右の猫が気に入った。ますむらひろしの猫じゃん!
ますむらひろし、だいすき!
e0126386_20582373.jpg
EOS40D + EF-S17-55F2.8IS

# by libra-mikio | 2008-03-24 21:06 | その他 | Comments(0)