Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 20日

名残の秋

e0126386_22245426.jpg
わずか一月ばかり前なのに、もう遠いことのように思える。
ポール・ラッシュ先生は清里の深い霧に佇んでおられた。
この場所に僕はいくつかの想い出があり、もちろんもっと多くの想い出が、数限りない人々の胸にあるだろう。
そしてこんな霧にまかれると、ちょっと切ない。




e0126386_22255727.jpg
今頃は清里のコスモスも「死にゆく者への祈り」を低く詩っているだろう。
コスモスは、晴れた日に見るのと氷雨に見るのとではずいぶん趣が変わる。
そんなことを書いてはみたが、それは見る人の勝手な想いなのかもしれない。




e0126386_22253416.jpg
秋も半ばを過ぎ、全てが中途半端に見える今、多少の回顧に浸ってもいい。


by libra-mikio | 2017-10-20 23:00 | 季節 | Comments(0)
2017年 10月 11日

幸せな海

e0126386_21130626.jpg
伊豆の小さな漁港は初秋の明るい光に包まれている。
釣り船が出て行く。
引き波が湾内に畝を作る。
水面は青空の蒼を映し、藍に染まる。




e0126386_21124001.jpg
振り返れば水面は美しいグリーンに染まっている。
小高い丘の樹々が、そのまま水面に反映する。
空を映せば藍、樹々を映せば緑。
清潔な漁船たちが、漁師の誠実を物語る。




e0126386_21132707.jpg
外海に面したテトラポッドには中学生くらいの男の子が一人で糸を垂れている。
波のない幸せな海。
休日の午後の、漁港の海。


by libra-mikio | 2017-10-11 21:41 | | Comments(0)
2017年 10月 09日

ツタウルシのルンルン

e0126386_20462490.jpg
10月の初めではまだ紅葉が燃えていないことは承知していた。
しかし3連休だし、どこかに出掛けたくてしょうがなかった。

山中湖のそばの、花の都公園のコスモスを念頭に置き出発したが、ここのコスモスは年を追うごとに淋しくなっていて絵にならない。
そうだ、お気に入りの甲斐小泉から甲斐大泉をつなぐ泉ラインの雑木林はどうだろう。
遠いな。でも行ってみよう。

しかし、案に相違せず(笑)、まだ中途半端だった。
残念な気持ちでハンドルを握り、今日は清里のソフトクリームをゴールにするかと思ったとき、美し森の交差点でツタウルシを見た。

林道の入り口のような場所にクルマを停め、ずんずんと林内に分け入った。
蜘蛛の巣が頭に絡みつくのを厭わず、ずんずんと林内に分け入った。

そしたらどうだ、ツタウルシは番茶も出花で、結構ルンルンしていた。
e0126386_20464448.jpg


by libra-mikio | 2017-10-09 21:08 | 高原 | Comments(0)
2017年 10月 07日

ラビリンス

ラビリンス【labyrinth】
ギリシャ神話で、怪物ミノタウロスがクレタ島の王ミノスによって閉じこめられた迷宮。ラビュリントス。
ゴシック聖堂の床などに表された迷路の紋様。
生け垣などでつくった庭園中の迷路。

by 集合知 大辞林 第三版
e0126386_22253051.jpg
単なる薔薇の花芯に迷宮があるのならば、大脳皮質が生育したヒトの心にラビリンスがあることは極めて自然だ。





e0126386_22255483.jpg
その迷宮にもいつかは光が訪れる。
光を、光として認識する聡明さを失ってはいけない。







by libra-mikio | 2017-10-07 22:45 | | Comments(0)
2017年 10月 03日

還暦前夜

e0126386_22270848.jpg
明日還暦を迎える。

今夜は文字通り、還暦前夜。

前夜祭は、ない。




e0126386_22272692.jpg
こんなにロマンチックに、センチメンタルに、静かなこの夜を迎えるとは想ってもいなかった。

入り日は海に還る。

そして明日、また朝日となって昇る。




強がりもこのところ薄れている。

強がる必要がないのかもしれない・・・、そう思い始めた。

でも、孤高という言葉は忘れない。
e0126386_22274078.jpg


by libra-mikio | 2017-10-03 22:40 | | Comments(0)
2017年 10月 02日

非日常

e0126386_21411233.jpg
伊東まで来て腹が減った僕は、道の駅で、桜エビのかき揚げ丼を食べた。
上品・・・ではないがサクッと揚がった桜エビを愛でながら、備え付けのパンフを読み、海中ボートが頻繁に出ていることを知った。
もうすぐ60歳の男が、しかも一人で参加するのに幽かなためらいを覚えたが、乗船料1600円を払ってしまった。
海中の光景は大したことはなかった。
しかし思ってもみなかったが、船上では「かっぱえびせん」でカモメをおびき寄せるイベントが行われた。




e0126386_21413107.jpg
デッキから観光客が思い思いに「かっぱえびせん」を放り投げると、何処に居たのか、たくさんのカモメたちが群がってきた。
艫の水の緒と同じくらい真っ白なカモメたちが乱舞した。
これって、結構楽しかった。
鵠沼ではトンビが観光客のマクドナルドを掻っ攫うが、カモメはトンビより愛嬌がある。
しかし、雉にしろカモメにしろ、やはりその眼光には迫力がある。鳥の目ってなんであんなに怖いんだろう。




青い海を船に乗って走ることがまず非日常。
カモメと船が同じ方向に進むので互いの速度が減殺され、飛翔するカモメがゆっくりと僕の頭上を通過するのが、また非日常。
浮世の定めを束の間忘れることが出来る非日常。
e0126386_21415170.jpg


by libra-mikio | 2017-10-02 22:04 | | Comments(0)