<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 22日

座禅会

e0126386_19594482.jpg
人にはやりたいことが山の様にあるが、それをやるべき時期というものがある。

従前から座禅に興味があり、いつかは経験したいと思っていたが、僕にもようやくその時期が訪れた。

鎌倉五山の第二位、円覚寺での座禅debut

行動を起こしてしまえば、それは全く敷居の低いものだったことが判った。

あ、勘違いをしてはいけない。とっかかりの敷居が低いといった訳であり、奥、到達点など判らないどころか判ろうなどという恐ろしいことを考えてはいない。

e0126386_19594458.jpg
よく似た境遇か否かは知らないが、今日の初心者のための「土曜座禅会」にはご覧の様に様々な老若男女が集まってきた。

僕みたいな変なオヤジもいれば、カップルもいる。また、20代後半から30代の女性も結構一人で参加していたようだ。

総じて若い方が多いという印象。

e0126386_19594472.jpg
(この写真は「円覚寺・居士林だより」というブログから転載しています)

この居士林という建物で、みな坐る。

靴下は脱ぐ。

後は座り方、印の結び方、目の開け方(半眼)、警策の打たれ方などなどを10分程度で教わり、そのあと15分の座禅が休憩を挟んで2回行われる。

僧侶は若くもなければ年寄りでもなかったが、落ち着いた方であり、諧謔もたしなむ方であり、得も言われぬ信頼感があった。


初心者に対しての警策は、自ら打ってくださいという意思を示さない限り打たれない。

僕は打ってほしかった。警策に打たれることを望んだ。初めてマゾなんだと判った(うそ)。

音が響く。しかし痛みは感じない。想像どおり、警策は心を打つのだ。


警策よりも足が痛かった。

結跏趺坐(けっかふざ)はできないので半跏趺坐(はんかふざ)をした訳だが、痺れるというのではなく筋が痛い。


静かだ。

鳥の声、ウグイス、クロツグミ、キツツキのドラミング(鎌倉にキツツキがいることを今日初めて知った)がものすごく大きく聴こえる。

時折、横須賀線の走る音。

それ以外は無音であった。

老若男女がおそらく100人近く集いながら、カップルの私語はおろかシワブキひとつせず、無音の世界を作った。

しかし「考えない」ということは凡人には不可能ではないか。

無理です。

小池龍之介さんの「考えない練習」をずいぶん前に読んだが、おそらく仏陀以外は考えてしまう、ということが改めて判り過ぎるくらい判った。

e0126386_19594378.jpg

1
時間ほどの座禅入門体験は終わった。

居士林から出てくる方々の表情は明るかった。

おそらく皆さん、嬉しかったのだと思う。

初心者とはいえ、座禅を体験したいという、ある意味素敵なマインドを持った方々である。

きっと、僕が他の人の表情を読んで僕自身が嬉しかったように、他の方々もうれしい気持ちをお持ちになったことだと思う。

おそらく今後、僕は円覚寺に通うことになるだろう。



by libra-mikio | 2017-04-22 21:12 | Comments(0)
2017年 04月 16日

すこし遠い散歩

伊豆は、海であり、山であり、郷愁である。

今日も一日、伊豆を走った。
季節を求めて。

しかし、旅行ではない。
すこし遠い散歩である。
e0126386_21124735.jpg
e0126386_21124701.jpg
e0126386_21124848.jpg
EOS 5D



by libra-mikio | 2017-04-16 21:19 | 季節 | Comments(0)
2017年 04月 15日

旅情、谷峨

e0126386_21465282.jpg
旅情というものは遠くに行かなくては味わえないかというと、そうでもない。

御殿場線の谷峨(やが)という駅。
今は亡き親父が、この駅をずいぶんと気に入っていた。
既に何回か僕のブログにも登場しているが、桜の季節になると、どうしてもここに来たくなる。

ありきたりなローカル線の駅だが、親父が好きだったということが、僕に対し特別な意味を持たせる。

人生の岐路や艱難に対峙したとき、僕は決まって親父の墓に出向く。
墓石に向かい相談を持ち掛ける。
そうした文脈とは多少異なるが、僕は桜の季節には谷峨を訪れて、親父に「今年も谷峨はきれいですよ」と報告する。

そういうことが有っていい。
そういう場所が在っていい。

常の墓でなく、いつもとは違う場所で親父と逢う。
その行程は既に心の旅であり、こんな雨上がりのプラットフォームを見て心に起きる感慨は、既に旅情といってよい。
e0126386_21465213.jpg
EOS 5D + 純愛レンズ


by libra-mikio | 2017-04-15 22:17 | | Comments(0)
2017年 04月 12日

蘆花 湘南雑筆 「花月の夜」

e0126386_23062291.jpg
徳富蘆花 湘南雑筆 四月一五日 「花月の夜」 抜粋。

戸を明くれば、十六日の月櫻の梢にあり。
空色(くうしょく)淡くして碧霞(みどりかす)み、白雲團々(はくうんだんだん)、月に近きは銀の如く光り、遠きは綿の如く和(やわら)かなり。
春星(しゅんせい)影よりも微(かすか)に空を綴る。
微茫月色(びぼうげっしょく)、花に映じて、密なる枝は月を鎖(とざ)してほの暗く、疎なる一枝は月に差し出でゝほの白く、風情言い盡(つく)し難し。
薄き影と、薄き光は、落花點々(らくゝわてんてん)たる庭に落ちて地を歩す、宛ながら天を歩むの感あり・・・

・・・

本日は残念ながら4月15日ではないが、まさに月は十六夜である。
いつかきっとこの文章に写真を付けよう、そう思っていた。
すると、先ほどの帰宅の折、鵠沼公民館を通れば、「十六日の月櫻の梢にあり。」!!!
まだ銀座で飲んだワインがかなり効いている中、リュックからX30を取り出し、なんとか撮った。

今日の写真はクォリティを問うものではない。
風流を問うて欲しい。




by libra-mikio | 2017-04-12 23:39 | | Comments(0)
2017年 04月 10日

桃源郷

e0126386_21575669.jpg
桃は立派な園芸農学品種だ。
そしてそれ以前に、立派な鑑賞植物だ。
実に可愛らしく美しい。
e0126386_21575516.jpg
山梨の、後世、「桃源郷」と命名された地域の一画にある、桃と菜の花のコントラストが美しい場所。
桃源郷だぜ。
陶淵明だ。
昔、文化が太平洋ではなく大陸に向かって開いていたころのスマートな言葉だ。
清少納言の香炉峰ではないが、陶淵明さんも黄泉で苦笑しているだろう。
e0126386_21575544.jpg
確かに桃源郷だ。
桃の桃色と、菜の花の菜の花色(当たり前だ)が素晴らしい。
雨なので、僕は桃源郷を独り占めしている。


by libra-mikio | 2017-04-10 22:26 | | Comments(0)
2017年 04月 09日

古城の桜

e0126386_21314277.jpg
桜の季節になると、小山城址に来たくなる。
もう何年も前、自分の感性で見つけた桜の聖域。
土地の人しか訪れず、その人たちの数も少ない。

雨の日曜、今日はきれいだという確信があった。
先週来た時には蕾は堅かった。
でも今日はきっときれいだろう。
期待は裏切られなかった。

古城の桜は幹に苔をまとい、しかし花はたった今生まれたばかりだ。
人の営み、そして時間などということを考える。
e0126386_21314224.jpg



by libra-mikio | 2017-04-09 21:59 | | Comments(0)
2017年 04月 05日

純愛レンズ

e0126386_20434462.jpg
ヒトに人格があるように、クルマに車格があるように、レンズにはレンズ格がある。
Canon EF24-70mm F2.8L・・・この写真のレンズ。
ね、風格あるでしょ(笑)

アタシはこのレンズが大好きで、その昔ずいぶんと使ったものだ。
カメラ道楽の道を邁進していた折り、フィルムEOS-1vにくっ付けて、重いのも何のその、野に山に飛び回っていたものだ。
そのうちにボディが、デジタルEOS20D、30D、40Dと変遷しても相棒としてこのレンズはいつもくっついていた。

しかしある時、お、重い!と感じ、ついにドナドナしちゃって、EF-S 17-55mm F2.8 ISに変えちゃったのである。
忘れもしない、2008年3月のことだ。(拙ブログ、2008/3/22をご覧あれ。あれ?アタシはこの日に2回ブログをアップしているぞ?)

そしていつの間にか、そのEF-S 17-55mmも、EF24-105mm F4 IS Lに取って代わられた。
ボディもいつしかEOS 7Dに代わっていた。

しかし今般、とあることから、昔の純愛レンズにどうしても会いたくなり、この土曜日にセコハンを物色して、また彼女は僕の下に戻ってきた。
そして、今はおそらく彼女とは一番相性が良いと思われる、アタシにとっての遅咲きのニューカマーEOS 5Dにくっついたのである。

このふた昔前の純愛レンズと、ひと昔前の実直ボディで、アタシはコトシいろんなところに行って、いろんな写真を撮るんだ~い!


by libra-mikio | 2017-04-05 21:19 | | Comments(0)
2017年 04月 02日

新しい4月

3月が終わった。
2008年にスタートした総務系の業務も終了した。4月からは内部監査に就く。
思えば永い10年間だった。様々なことがあった。あり過ぎた。
でも、終わった。そして心機一転、4月が始まる。





e0126386_19183863.jpg
気分転換にしばらく行っていなかった甲州方面に出掛けた。
寒の戻りというには強烈な寒波であったが、案の定、御殿場から山中湖に抜ける籠坂峠はすっかり雪景色であった。






e0126386_19192497.jpg
河口湖に着いたときは、すでに高層雲が広がり、雪白の富士と空との区別が難しくなっていた。
しかし僕はこういう富士も好きだ。
雲の白と富士の白はやはり違い、却って青空に屹立する富士よりも繊細でしっとりとしている。






e0126386_19191809.jpg
甲府盆地に降りたら、小山城址の桜も、桃源郷の桃もまだ蕾の状態であった。
でもね、栽培品種ではなく野生化したと思われる白桃は盛んであった。
約束通り、お爺さんが犬を連れて散歩をしていた。
なんだか、ずいぶん前の僕に戻ったような気がして、じんわりと嬉しかった。

EOS5D + EF24-70F2.8L



by libra-mikio | 2017-04-02 19:58 | | Comments(0)