<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 26日

不如帰

e0126386_20003582.jpg
正月に国木田独歩の残り香に惹かれ逗子を歩き、ふと徳富蘆花につながった話を書いた。
その際、蘆花の「自然と人生」を新たに入手した訳だが、しばらくうっちゃるうちに、これまたふと「不如帰(ほととぎす)」を手にした。
しばらく読まずにおいたが、先週、仕事上の気分がひと段落したせいか、何気なく電車で読み始めた。
そしたらどうだ! なんて面白いんだろう!
皆さんはもう既読かもしれぬが、あら筋を書けば次のようだ。

時は日清戦争の前夜、薩摩閥の退役陸軍中将子爵、片岡毅の長女浪子、歳は十八九、同じく薩摩閥の海軍少将男爵、川島武夫、歳は二十三四、両者は良縁にて結ばれる。
浪子は生母に死に別れ継母に育てられたが、「色白の細面、眉の間(あわい)ややせまりて、頬のあたりの肉寒げなるが、(中略)すらりとしおらしき人品(ひとがら)。これや北風に一輪頸き(つよき)を誇る梅花にあらず、(中略)夏の夕やみにほのかににおう月見草、と品定めもしつべき夫人。」である。
因みに、この片岡子爵のモデルは大山巌である。
また海軍少将川島武夫は実に凛とし、女ならず男も惚れる大丈夫である。
しかし武夫の母、お慶は一人息子を嫁に取られた淋しさもある中、浪子が肺の病を患うとこれ幸い、武夫が艦隊演習で外洋に赴くうちに、勝手に浪子を離縁してしまう。
そのあとすったもんだがある訳だが、ユジンとチュンサンもかくやと思われるすれ違いの中、最後まで二人の縁は戻らないのである。

そして浪子は臨終を迎える。
「ほのかなる笑は浪子の唇に上りしが、たちまち色なき頬のあたり紅をさし来たり、胸は浪うち、燃ゆばかり熱き涙はらはらと苦しき息をつき、『ああつらい!つらい!もうーーーもうーーー婦人(おんな)なんぞにーーー生まれはしませんよ。---あああ!」眉をあつめ胸をおさえて、浪子は身をもだえつ。」
「(浪子が気を許す、生母の妹の加藤伯爵夫人は)浪子の手を執り、『浪さん、何もわたしがうけ合った。安心してお母さんの所においで』かすかなる微咲(えみ)の唇に上るとみれば、見る見る瞼は閉じて、眠るがごとく息絶えぬ。さし入る月は青白き面を照らして、微咲はなお唇に浮かべり。されど浪子は永く眠れるなり。

読んでると、浪子が可哀そうで可哀そうで、泣けるんだなぁ、これが。
このストーリーは絶対に映像化できると思って調べたら、もうとっくに、宝塚でも新派でも、何十回となく上演されていました。

そして、僕は改めて昨日、逗子の郷土資料館に徳富蘆花の匂いを嗅ぎに行ったのだ。
すると、岩波文庫のカバーや口絵になっている、黒田清輝の浪子の画に逢うことが出来た。
e0126386_21292042.jpg



by libra-mikio | 2017-03-26 21:32 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 21日

e0126386_22224884.jpg
数日、伊豆の周縁を走り回っていた。
リアス?の海は、山がすぐに水面に落ちる。
それはそれで趣もあるが、湘南に生まれた身には、やはり砂浜に打ち寄せる波が必要だ。

伊豆から帰り、改めてウチの前の海を見る。
心が和む。

渚はいい。
e0126386_22322240.jpg



by libra-mikio | 2017-03-21 22:34 | | Comments(0)
2017年 03月 14日

e0126386_23071131.jpg
爽。

4月から爽やかになりたい。


by libra-mikio | 2017-03-14 23:08 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 12日

とても・・・とても恥ずかしい話

e0126386_21415671.jpg
この写真を見ると、思い出してしまう。とても、とぉっても、恥ずかしい話。

夜のフライトだった。地方空港のラウンジで飲んでいた。理性を失うような飲み方ではなかった。・・・筈だ。
しかし疲れがたまっていたのだろう。機体が滑走路に移動するタクシィングの最中に不覚にも僕は眠ったらしい。

僕の中ではもう離陸はとっくに終わっていた。
ところが突然のGを感じて目が覚めた。
するとなんとしたことか、ヒコーキは今、再び飛び上がろうとしているではないか!
うわっ!なんだこれは!僕が知らぬ間に機体に異変が起きて再度離陸をやり直している!
隣の見知らぬ爺さんに異変を大声で知らせた。
「大変だ、大変ですよ、旅客機がタッチアンドゴーをしている!」
しかしあろうことか、爺さんはケゲンソウにこちらを見るや、何事もなかったかのように視線を外した。さも迷惑そうに。
更に機内には緊迫感などミジンもない。
このあたりでなんとなく気付いた。今初めて飛ぶらしい。既に飛んでいたのは僕ひとりらしい・・・
離陸時の轟音で、僕の声が爺さんの耳には届かなかったらしいことが唯一の救いであった。

そしてまた深い眠りに落ちた僕は、激しい尿意で目が覚めた。トッ、トイレ。
夜のヒコーキに乗る時は、こんな場合に備えていつも通路側の席を取る。
離陸時の失態をイタク恥じていた僕は、今度はちゃんとベルト着用サインが消えていることを確認して、トイレに立った。
最後部のトイレまで歩いて行った僕は、スッチーの驚愕した目に迎えられた。
「お、お客様!当機は最終の着陸態勢に入っております!早くお席に!!!」
ひんむいた目玉と、腕で作る大きなバッテンの身振りで、彼女の叫びを心で聞いた。
「ひぇ~~~!、吹っ飛ぶ~~~!”!”!”」
慌てて席に戻った僕は、それでも改めてベルト着用サインを確認した。
・・・点灯していた。
e0126386_22091127.jpg
何とか生還した僕が、羽田からのリムジンで、ほっとしながら撮ったのがこの写真だ。
京浜工業地帯の灯りを見ると、今でも情けない気分になる(笑)
X-30


by libra-mikio | 2017-03-12 22:14 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 07日

ちっちゃな舌

e0126386_22314312.jpg
猫も杓子も最近はネコの写真を撮る。
きゃ~カワイイ、などと一向にその風潮が収まる気配がない。
岩合カメラマンなどもレッキとした「動物写真家」から、単なる「猫のおじさん」と化している。

かといって、ネコを撮ればウケるのか!などと言うのは野暮である。
しからばワタシも・・・

X30を持って自転車に乗っていたら、こんな奴がいた。
こいつ、ますむらひろし、まんまじゃん、なんて思っていたら、ちっちゃな舌を出した。
そしたら、ますむらひろしのくせに、けっこう可愛いんだわ。
思わず撮っちゃった。

茂吉の「のど赤き玄鳥」じゃないけど、その舌の薄桃色はけっこうヤバいインパクトがあるなぁ。
e0126386_22500067.jpg
X30


by libra-mikio | 2017-03-07 22:53 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 04日

陽はまんまろ

e0126386_22005875.jpg
陽はまんまろ。
夕陽はまんまろ。

まんまろという表現は、尾崎放哉の句で初めて知った。
方言かもしれぬ。
しかしなんとも善い響きではないか。





かれらの気持ちも、きっとまんまろ。
e0126386_22045371.jpg
X-T1


by libra-mikio | 2017-03-04 22:07 | | Comments(0)
2017年 03月 02日

憧れたもの

e0126386_22355044.jpg
小学校の5年生の頃だったろうか、ドロップハンドルのサイクリング車に無性に憧れた。
ツーリングなどという言葉を知ったのもその頃であった。

たしか少年サンデーに載っていた広告の、ブリジストンのサイクリング車のハンドルにはバッグが付き、前後の車輪の両側にもバッグが垂れていた。
もちろんライトがあり、更には後ろの泥除けにもテールランプが装着されていた。
そのテールランプの上部には白色レンズが組まれ、その光は乗っている人の背中を照らすように設計されていた。
キャッチコピーは「人間工学に基づいた・・・」というものだった。
そして10段変速だった。

素敵だ!
こんな自転車があればどこにでも行けるじゃないか!
だって、夜になっても走れるんだよ!

まさに夢であった。
幼い僕はそのページを切り取り、寝床の枕元に立て掛け、それこそ夢の中で走ることを願った。

欲しかった。
でも結局、夢は夢で終わった。






e0126386_23013321.jpg
先日早朝に通った旧い街道沿いに、古い自転車屋があった。
ちょうど朝日が射し始めていた。
通り過ぎる刹那、硝子戸の中にサイクリング車が見えた。
そして数百メートル行き過ぎてから、Uターンして、子供の頃の夢に改めて出逢った。
X-T1


by libra-mikio | 2017-03-02 23:07 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 01日

ルネ・ラリック 2

e0126386_22084985.jpg
この写真では判りづらいと思うが、雀たちはガラスの裏から彫られている。
まあ、彫ったのかモールディングに流し込んだのかは専門家ではないからはっきりはしない。

裏に作用して、表から見る。
この雀たちを見ていて、ふと天球儀を連想した。
読者諸兄は天球儀をご存じだろうか。

地球儀は地球の上から地球を見ることを前提に作られる。当たり前と言えば当たり前だ。
僕の身長は182センチだから、少なくとも地上2メーター弱の高さから地球を見ている。
地上1万メートルを飛ぶ飛行機も、2メーターの視点も、地球の外から地球を見ていることには変わりはない。
この視点が地球儀の視点だ。

一方天球儀は真逆である。
天球儀は、宇宙の外から天の星を見る様に作られているので、なじみ深いオリオンも、夏のサソリや北天の北斗七星も、すべて我々の知る姿の裏返しの絵が球上に描かれている。
ギリシャ神話から題材を取ったアトラスのスタチュ―も、なんとアトラスが全宇宙を重そうに肩に担いでいる。
そしてそこに描かれる星座は当然だがすべて裏返しだ。

これってかなり凄いんじゃなかろうか?
天を、宇宙を、鳥ではなく神の目で捉えるって、そんな捉え方をする人間が紀元前にいたことって、かなり凄いんじゃないだろうか?

・・・やぁ、また空想の旅に出てしまいました。単に裏彫りの雀がスタートだったのに(笑)




口直しに、香水のボトルのヘッドを一つ。
e0126386_22401571.jpg
これ、香水の瓶のフタです。
すごいね。
往年の永井豪の漫画みたい。デ・ビール!(笑)

X-T1


by libra-mikio | 2017-03-01 22:43 | Mic記 | Comments(0)