Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 30日

去り行く夏へのレクイエム



熱い熱いといいながらも、 季節は確かに巡りかけている。

日の出の時間は少しずつ遅くなり、 日の入りは確実に早くなっている。

季節の移ろいから眼をそらしてはいけない。

その意味で、 去り行く夏へのレクイエムとして、 大好きな夾竹桃の写真をあげよう。

年々勢いが殺がれてきた近所の夾竹桃だが、 ピークには胸を張って咲き誇っていた。
e0126386_6172475.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-30 06:22 | | Comments(0)
2010年 08月 27日

雨上がり、天使の梯子



天竜川の東岸を、 諏訪湖に向けて走って行った。

懐かしい懐かしい道だった。

昨夜までの雨があがったばかりの空には、 いろんな雲が遊んでいた。

そのうちに、 太く濃く、 立派な天使の梯子が降りてきた。

クルマを停めて、 しばし見入った。

トンビが一羽飛んでいた。
e0126386_6311667.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-27 06:35 | | Comments(2)
2010年 08月 26日

夜の雨



旅に出たら誰だって、 雨に降り込められるのは嫌だろう。

でもお天気ばかりは億万長者も変えられない。

それでは雨の夜をどのように過ごせば良いか。

抽象的だが、 雨を楽しめば良いのだ。

どうやって?

突き放したようで恐縮だが、 それは各自でお考え願いたい。

キミはどうするのさ?

ボクかい? 僕は雨の写真を撮るさ。 それも高原の宿の窓から見る、 夜の雨を。
e0126386_6233829.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-26 06:27 | | Comments(0)
2010年 08月 20日

ソースかつ丼



ソースかつ丼!

伊那谷には数々の面妖な食品があるが、 ソースかつ丼はローメンと並ぶ偉大な発明である。

しかしローメンほど画期的とは言えない。

何故なら、 単にお皿の上のトンカツとキャベツをご飯の上に乗せただけなのだから。

しかし理屈屋の多い信州ではこれすら さも偉大な発明であるかのごとく喧伝している。

で、 味はどうかというと、 まあまあイケちゃうのである(笑)

でもさあ、 ちょっと高いよ、 明治亭さん!
e0126386_6301291.jpg
e0126386_6303347.jpg
e0126386_6305376.jpg
Canon PowerShot G11
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-20 06:34 | 食べ物 | Comments(0)
2010年 08月 19日

霧が峰の誇り



真夏の晴天の射すような日を浴びても、 高原の空気は爽快だ。

多くの人々がこの高原に集い、 感嘆の声をあげるとき、 

故郷でもないのに、 ボクは晴れがましく誇りに思ってしまう。

ボクは霧が峰が好きだ。 信州が大好きだ。
e0126386_632261.jpg
EOS40D + EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-19 06:35 | 高原 | Comments(0)
2010年 08月 17日

羊歯の赤ちゃん



南信州の山の中、 お目当ての展望台へと続く道。

谷側のロープもしっかりと張られ、 つい最近地元の方が整備したらしい。

しかしその林道に、 すでに羊歯が生えていた。

整備の後から生えたのか、 或いは整備の人が気の毒がって、 羊歯の赤ちゃんを残したのか。
e0126386_6332682.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-17 06:35 | 高原 | Comments(0)
2010年 08月 16日

ひきつける容姿



ホタルブクロは比較的容易に見つかる花だ。

しかしその特別な容姿はボクをひきつけて止まない。

そうしてこの花にはしっとりとした湿り気が似合う。

実際に蛍を閉じ込めて遊んだことはないが、 想像すると楽しい。

谷内六郎さんならどんな絵を描くだろう。
e0126386_6122544.jpg
e0126386_6124028.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-16 06:17 | 高原 | Comments(0)
2010年 08月 15日

心からの感謝をさせて下さい




私はあなた方に心から感謝します。



数年前の8月。

鹿屋、串良、知覧、加世田。

どれほどの衝撃を受けたことか。

特攻は死ぬために飛び立ち、潜行し、切り離される。

生還は期待されない。 これは戦(いくさ)ではない。 

そして、 飛び、 潜り、 切り離されたあなた方は、 学校を出たばかりではないか!

あなた方がいて下さったから、 今の私がいることが出来る。

時代に命を握られてしまったあなた方に、 衷心から哀悼の意を表すると共に

万感の感謝の念を捧げさせて下さい。

本当に有難うございました。

「 今日もまた 黒潮おどる海洋に とびたちいきし 友はかえらず 」

「 ・・・肉弾となって散った・・・特攻隊員 御霊よ安かれ 必ずや平和のいしずえとならん 」
e0126386_10194694.jpg
e0126386_10201465.jpg
e0126386_10204057.jpg
e0126386_1021681.jpg
e0126386_1027395.jpg
e0126386_10272047.jpg


by libra-mikio | 2010-08-15 10:37 | | Comments(0)
2010年 08月 12日

美しいものを素直に美しいと感じることが出来る幸せ



奥蓼科温泉郷に向かう湯道街道のすぐ脇に、 この農業用水池はある。

なんという深みのある色合いだろう。

なんという静けさだろう。

いや、 待ってくれ、 このときは蝉が合唱していた筈だ。

しかし記憶の中では水面(みなも)は静寂に包まれている。

美しいものを素直に美しいと感じることが出来る幸せ。
e0126386_5503458.jpg
e0126386_5471269.jpg
e0126386_5505538.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-12 05:52 | 高原 | Comments(2)
2010年 08月 10日

自然界のセイレーン



蓼科の奥の、 名もない貯水池からほとばしる用水路。

周囲の田畑を潤す為の人工のものである事は承知していても、 

その可憐な姿に素直に見入ってしまう。

せせらぎはボクの脳髄を麻痺させる。 

せせらぎは自然界のセイレーンなのかも知れない。
e0126386_691666.jpg
e0126386_693873.jpg
EOS40D + EF17-55mm f/2.8 IS USM
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ


by libra-mikio | 2010-08-10 06:11 | 高原 | Comments(0)