<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

夢みる色



透明な空気の中に、色が浮かび上がる。

パステルカラーの、ロマンティックな色。

夢みる色たちが4月最後のそよ風に揺れている。
e0126386_69455.jpg
e0126386_610385.jpg
EOS 40D +EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-30 06:09 | | Comments(2)
2009年 04月 29日

信頼



信頼ってのは、こういうことだろう。

放り投げられても、絶対に受け止めてくれる。

身体も、心も。

心を委ねることが出来たときに、初めて、信頼というワードが存在する。

ボクには信頼できる人がいて、本当に幸せだと思う。
e0126386_22361420.jpg
EOS 40D +EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-29 22:36 | | Comments(3)
2009年 04月 28日

雨のわさび田



信州穂高に大王わさび農園というのがある。 社長が篤志家で、わさび田を整えつつ
周囲を散策や憩いにうってつけの自然園として整備している。

それはそれで素晴らしいのだが、伊豆の山中で見かけたこちらのわさび田は
なにがなし奥ゆかしく、ボクの性に合っている。

雨の伊豆。

訪れる人も少なく、若い緑を見つつ、ボクは非常にリラックスしている。
e0126386_6115845.jpg
e0126386_6121355.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-28 06:14 | 高原 | Comments(2)
2009年 04月 27日

天城ルミナリオ(?)



東京ミレナリオ、 神戸ルミナリエ(なんと紛らわしいことよ!)。

この発想の原点が、実は天城トンネルにあったのをご存知ですか?

この写真をご覧下さい。

ね、納得するでしょ!!

以上、ホントのようなウソの話(笑)
e0126386_61582.jpg
e0126386_6152529.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-27 06:16 | 高原 | Comments(0)
2009年 04月 26日

こいのぼり、群れて泳いで、さあ大変!



山間の道の駅。

コイが、鯉ぐぁ、数百匹の群れを成して中空を泳いでいるではないか!

それはもう壮観!

方々でやっているイベントだけど、実際に見ると、圧倒されますよ。
e0126386_183415.jpg
e0126386_18343398.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-26 18:36 | 高原 | Comments(0)
2009年 04月 25日

窓という表札



春宵一刻値千金などという言葉を持ち出すまでも無く、春の宵は魅惑的だ。

堰を切ったようにいっせいに咲き始めた花たちの、その匂いに満ちている。

そして空気は水分を多く含み、しかし肌にべたつく訳ではない。



そんな夜の町の中。 

道に面した窓は、住人の生き方を表わす、第二の表札なのかも知れない。
e0126386_6513111.jpg
e0126386_6522628.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-25 06:54 | | Comments(0)
2009年 04月 24日

ヤング・マーメイド



3人の少女。 

光に向かいながら、自分たちも光っている3人の少女。

渚のヤングマーメイド。


・・・・・・
なんか、こういうのって、盗撮っぽいんだけど

お顔を見せるのはご法度ですから、勢いこうなります。 すみません。
e0126386_6265241.jpg
EOS 40D +EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-24 06:27 | | Comments(0)
2009年 04月 23日

七里ガ浜 朝霧



朝霧か朝靄か、それはさておき、良い光景ではある。

いつもの恵風園前のスポットに立つ。

操業中の漁船はシラス漁をしているのだろう。 今日の「とびっちょ」の素材か(笑)

浜辺の釣り人たちも、それぞれに佇んでいる。

のどかだ。
e0126386_6123016.jpg
e0126386_6124690.jpg
EOS 40D +EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-23 06:14 | | Comments(2)
2009年 04月 22日

山紫水明ならぬ山紫水墨


明野から見た昼下がりの南アルプス山塊。

春の水蒸気が、重畳たる山々を、水墨画の濃淡で表わしている。

この山の連なりの中に、いくつの命が営まれているのか、などと思ったりする。
e0126386_625527.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-22 06:30 | 高原 | Comments(0)
2009年 04月 21日

「巻雲」 と 「絹雲」



皆さんはこの雲をどう呼んでいますか?
ヨミはどちらも「けんうん」ですが、字義は各々、「まきぐも」「きぬぐも」ですよね。

今の日本で、正しくは、「きぬぐも」の方の「絹雲」なんです。
でも、巻いていますよね。

学名は "Cirrus" シーラス、つまりカールしている「巻く」というラテン語です。
だから本来、「まきぐも」の方の「巻雲」が正しいはずです。

では何故そうならなかったのか?

「巻」を「けん」と読んではならん、という文部省(当時)見解が出たからなんですって。
(恐らく国語審議会とかで、雲のことは念頭に無く決まったんでしょう)

だからお役所である気象庁もこれに従わざるを得なくなった、ということなんです。
つまんないハナシですね。
(詳しくは山渓カラーガイド「雲 その生態と天気予報(新田次郎著)」ご参照)

ハナシは変わりますが、いくらシーズン前とはいえ、清里・清泉寮で、広角で写して
ヒトを入れない、というのは、ヒトツのテクニックじゃありませんか?(自画自賛 笑)
e0126386_633762.jpg
e0126386_6285935.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-04-21 06:32 | 高原 | Comments(4)