Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 27日

光と翳の領域

今日は早起きして、南伊豆に菜の花を見に行ってきた。1月半ばというのにほぼ満開だった。
でも、菜の花の写真はアップしない。いずれ、お花コーナーに出品しよう。

伊豆東海岸を走りながら、ふと海に目をやると、光と翳の領域がせめぎ合っていた。
色数の少ないモノトーンの海面に、光が翳と戯れていていた。


翳の海に落ちたスポットライト。風が冷たい。
伊豆半島南部にもかかわらず、午前中は間断なく雪が降っていた。
遠く利島、新島にも雪雲がかかる。
e0126386_1859497.jpg



スポットライトは、現れては形を変え、ふいに消えたり或いは別の場所に降り注ぐ。
e0126386_18574121.jpg



今度は光が海を支配した。しかし雲は一掃されずあちこちに翳を落とす。
沖の船を光と翳が交互につつむ。
e0126386_1859301.jpg



形のはっきりしない層積雲が、少しずつ南西の方角へ流されてゆく。
e0126386_1858182.jpg



崖の上から眼下の海面を臨む。
ゆっくりとしたうねりが、大きさの把握を許さぬまま、際限なく岸に向かっていた。
e0126386_18595675.jpg


DMC LX-2

by libra-mikio | 2008-01-27 19:36 | | Comments(4)
2008年 01月 26日

モノクロームの渚

真冬の渚を撮る。湘南でも、海は夏とは比べ物にならないくらいに綺麗だ。
でも、敢えてモノクロームで撮る。今日はそんな雰囲気だから。


波乗りに季節はないみたい。却って初心者が減って、ロコには天国なのだろう。
e0126386_11441965.jpg



こんなに大きな流木、何処から来たのだろう。元は電信柱だったみたい。
何処から来て、なぜ家の前の海に流れ着いたんだろう。傷み具合から、航海が長かったと偲ばれる。
e0126386_11451056.jpg



鵠沼海岸。僕の子供の頃からの遊び場。
江ノ島の灯台は変わっても、引地川のこの突堤は40年変わっていない。
e0126386_11444881.jpg



こうやって、僕もお袋に連れられて波打ち際に来ていたんだな。
モノクロームは時間の旅を助けてくれる。
e0126386_12175345.jpg

EOS7+28-75F2.8

by libra-mikio | 2008-01-26 12:09 | | Comments(3)
2008年 01月 11日

ほのぼの写真

今日は風邪を引いて会社を休んだ。
微熱だけど体がだるい。

だから元気が出るように、
これまで撮った写真の中から、
ほのぼのする写真を選んでみた。
どれをとっても心温まること請け合い!
心のストーブ、あたって行ってください。



e0126386_17451783.jpg
常田奈美恵氏作品


e0126386_17455173.jpg
常田奈美恵氏作品


e0126386_1746101.jpg
テラモアにて販売中の天使人形


e0126386_17463663.jpg
常田奈美恵氏作品


e0126386_17465775.jpg
テラモアにて販売中の天使人形



e0126386_17471678.jpg
埼玉県北川辺町の、渡良瀬遊水地を毎日散歩しているというかた。
トライアスロン大会にて知り合い、意気投合し、快く写真を撮らせて頂いた。
ありがとう、いちばんほのぼのする笑顔ですよ!

by libra-mikio | 2008-01-11 17:49 | その他 | Comments(0)
2008年 01月 06日

色あそび

・・・と言ってもいやらしいアソビじゃありませんよ。
写真をいじりながらヒマをもてあましていた時に思いついた、一人遊びです。

e0126386_16581250.jpg
富士の夕映えを切り抜いてみました。
紗がかかったような渋い金色がステキだと思い、カメラを向けました。


e0126386_17374198.jpg
いつものように海に落ちる夕陽。
でもレンズのいたずらで、太陽の下に半円形の朱色の輪が見えませんか?
こんな「オイタ」ならいつでも歓迎です。
太陽&雲にピンを合わせて、開放近くの望遠で撮ったものですから、波が前ピンになりました。
以後気をつけます、ハイ。


e0126386_1741114.jpg
太陽とくれば月。
満月の頃、シャッターを長く開けてみました。
月を取り巻く同心円状の光の輪は、僕のオーラが月に呼応して現れたものです。
って言うのは真っ赤な嘘で、こちらもレンズの「オイタ」です。念のため。
海に映った光が、波の揺らぎで繊細な模様を描きます。



e0126386_1764486.jpg
そして太陽、月とくれば、次は夜空の星です。
星にもいろいろな色があるんです。ちょっと見にくいかな?
小さい頃に覚えた星座を思い出してみましょう。
真ん中に、縦になったカシオペア座のW形が見えますか?
カシオペアからペルセウス座にかけての星空です。


e0126386_17112546.jpg
これは今日の夜明けの光景です。
小さな灯台は、腰越という漁港の防波堤にあるものです。
今朝の夜明けも綺麗でした。
小さいお月さんも飛び入り参加して、夜明けの光景を楽しんでいるようでした。
ちょっと、葉 祥明してませんか?
自分でもこの写真が気に入りました。
皆様は如何でしょう?

by libra-mikio | 2008-01-06 17:16 | | Comments(0)
2008年 01月 01日

湘南、元旦、海笑う

e0126386_2204961.jpg

e0126386_2211061.jpg

e0126386_2212837.jpg

e0126386_221506.jpg

e0126386_2221369.jpg
e0126386_223026.jpg

e0126386_223136.jpg
湘南、渚の正月一日。
光はあくまで清しく、波は笑いながら浜に打ち寄せる。

言葉のない世界に遊ぶ自分が発見できれば、
sense of wonder がまだまだworkしている証。

DMC-LX2 VARIO-ELMARIT

by libra-mikio | 2008-01-01 22:04 | | Comments(0)