Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:石の内面( 17 )


2013年 04月 02日

inside of crystal 14

不思議なことに我が家には水晶がごろごろとある。

4年前、 こいつらの 『中』 を撮ってみようと思い立った。 やってみたら綺麗で面白い。

今回続き番号でで ”inside of crystal 14” としてアップする。

基本的に浜で、 太陽光にかざしていろいろな角度から覗いてみる。

水晶と銀塩フィルム。

悪くない相性だ。
e0126386_20261324.jpg
EOS7 + EF100mm f/2.8 Macro USM + PN400N

by libra-mikio | 2013-04-02 20:17 | 石の内面 | Comments(0)
2009年 03月 28日

inside of crystal 13 航空写真



左上から中央の上の辺りまで、万年雪に覆われた山脈がある。

過去に氷河が削ったカール(圏谷)も見える。

中央左のブルーの反射は融雪が作り出した湿地帯だ。



中央下から右にかけて、突然南太平洋の環礁地帯が展開する。

珊瑚の海が豊かに広がって行く。


一つのクリスタルに、地球が写る。

そう、このクリスタルは地球から生まれたのだから・・・・・・
e0126386_941792.jpg
EOS 30D + EF100mm f/2.8 Macro USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-03-28 09:05 | 石の内面 | Comments(2)
2009年 03月 27日

inside of crystal 12 万華鏡



このところ、密かに『万華鏡写真』、横文字で言うと、”kaleidoscope-photo”(何故に横文字?笑)
の研究にいそしんでいた。

結論から言うと、万華鏡の映像は、止まったphotoでは弱く、動くmovieじゃなきゃインパクトに欠ける、
ということに思い至った。
あの六角形(三角形?)の連鎖が、ただのモヨウになってしまうのだ、動かないと。

で、思いついたのが、『万華鏡のような写真』、、”kaleidoscopical photo”(何故に横文字?笑)。

これは完全なシンメトリーではいけない。どこかにモヨウの破綻があり、それが写真の中で動きを生む。

で、これを『石の内面シリーズ』で実践したのが、今日の写真。

いかがでしょうか?万華鏡ワールドに飛べましたでしょうか?
e0126386_6234422.jpg
e0126386_6235782.jpg
EOS 30D + EF100mm f/2.8 Macro USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-03-27 06:28 | 石の内面 | Comments(3)
2009年 01月 17日

inside of crystal 11 いずる光



内面が素敵な人は、当然に内なる光を表に照らす。
なかなか出逢うことは出来ないが、そういう人がいる。
出逢うと幸せな気持ちになる。

僕も内面の炎を高く、赤々と燃やそう。
e0126386_15373715.jpg
e0126386_15375024.jpg
EOS 40D + EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-01-17 15:40 | 石の内面 | Comments(0)
2009年 01月 03日

inside of crystal 10 情熱



清楚な石も、光によって、情熱的になる。

ただ、光を味方につけるのがうまい石と、そうではない石がある。

貴女も、光の当たり方で・・・・・・
e0126386_5273037.jpg
e0126386_5331426.jpg
EOS 40D + EF100mm f/2.8 Macro USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2009-01-03 05:33 | 石の内面 | Comments(0)
2008年 12月 30日

inside of crystal 9 "sun set"



久し振りにクリスタルを海に持ち出す。

いつものように、浜の朽ちかけた杭の上に、石を置く。
この杭は僕の定番。

サンセットの柔らかい光をクリスタルにあてる。

サンセットの柔らかい透過光が、何億年もの地球を、通り過ぎる。
e0126386_7173960.jpg

e0126386_7175495.jpg
e0126386_727244.jpg
EOS 40D + EF100mm f/2.8 Macro USM、EF-S17-55mm f/2.8 IS USM にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

by libra-mikio | 2008-12-30 07:30 | 石の内面 | Comments(0)
2008年 06月 17日

inside of crystal 8 "控えめな色彩"



フィルムだ。
いかようにでも加工の出来るデジタルではなく、その時、で全てが決まるフィルムだ。

派手な演出は出来ない。これがありのままの、石の内面だ。
e0126386_2224744.jpg
e0126386_223863.jpg
e0126386_2232547.jpg
EOS7 + EF100mm f/2.8 Macro USM + PN400N

by libra-mikio | 2008-06-17 22:04 | 石の内面 | Comments(3)
2008年 05月 17日

アメジストの海で



玄関に飾ってあるアメジストを見ていたら、イルカちゃんたちを泳がせたくなった。
小道具一式取り揃え、近くの海浜公園の芝生に”海”を設営。
早速イルカちゃんたちに泳いでもらった。

案外気持ちが良さそうである。
だんだん集まってきたし!(笑)
e0126386_16545133.jpg
e0126386_1655847.jpg
e0126386_16552896.jpg


by libra-mikio | 2008-05-17 16:57 | 石の内面 | Comments(0)
2008年 03月 09日

inside of crystal 7 "pinky dog"



クリスタルを覗いていたら、今度は犬がいた。
太い骨に跳び付こうとして、ワン、なんて言ってる。
なんでお前はピンクなの?ピンクの犬なんている訳ないよ。

そしたら犬が言いましたっ!
「実際貴方が見てるんだから、信じりゃいいだけのハナシさ」
e0126386_723166.jpg
EOS30D + EF100MACRO + ET25

by libra-mikio | 2008-03-09 07:03 | 石の内面 | Comments(0)
2008年 03月 05日

inside of crystal 6 "birth"



inside of crystal 、受け止め方は自由だ。
僕には宇宙空間での星の誕生に見える。

宇宙の塵が集まり始めて、ひとつの恒星を形成しようとしている。
その道のりはまだまだ遠い。
気が遠くなる時間が既に過ぎ去り、同じだけ未来に続いている。
上方からは暗黒の星間物質の影が忍び寄る。

今まさに "birth" を迎えている星の子供とは無関係に、非情に、冷たく、
無数の星が煌いている。

どこかに「ノストロモ号」が見えませんか・・・?
e0126386_20244547.jpg
EOS30D + EF100F2.8MACRO + ET25

by libra-mikio | 2008-03-05 20:27 | 石の内面 | Comments(0)