Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 18日

また薔薇を撮ってしまう

雨が降るという予報が出ていた。
今日は、雨に濡れた百合を撮るつもりだった。

雨は予報通り降ってきた。
そして雨滴を纏った百合もあった。

でも、薔薇の美に負けた。
もう、旬を過ぎている。花弁が痛んでいる。
しかし、傷んでなお、薔薇は美しい。
e0126386_21541714.jpg
何回も書くが、最近、この薄紫の薔薇が気に入っている。
清楚である。
品種としての名前はもちろんある。
しかし、名前を憶えて得意になる時期は、僕の中でもう過ぎた。
美しければ善い。




e0126386_21541616.jpg
炎立つ。
種苗家は何を求めてこの品種を作ったか。
妖艶。社交。ジェラシー。
僕は炎(ほむら)だと思った。
究極の恋心。




e0126386_21541824.jpg
この花弁の厚さはどうだ。
あたかも朴の花のようだ。
しかし朴の花の一種凄みのある香りではなく、あくまでも薔薇の清楚な香りを放つ。




e0126386_21550782.jpg
可憐。
いや、可憐だけだろうか。

したたかな可憐、か。


# by libra-mikio | 2017-06-18 22:19 | | Comments(0)
2017年 06月 16日

香を焚く

一週間が終わった。
今宵、グラスが進む。

香を焚いた。
しかも串田孫一のカップで。

富士宮の江戸屋さんにまた行って、無理を言って、串田さんのカップをわけてもらった。
もちろん対価を払うつもりだった。
しかし、お店の若い女の子は困った顔をしてオーナーに相談した。
帰ってきて曰く、「もう新たには作っていません。これはお店の常備品であり新品ではありません。既に当店で使用している以上、お代は受取れません、そうオーナーが申しておりました」

そのカップを香炉にして良いのか?
僕の中では、善いのだ。
串田さんのカップは、単にお茶を受け止める容れ物から、もっともっと創造的な役割を果たすのだ。

今日の香は、鎌倉にある鬼頭天薫堂で求めた、「竹仙 ゆずのかおり」である。
e0126386_23205057.jpg



# by libra-mikio | 2017-06-16 23:36 | | Comments(0)
2017年 06月 13日

2017年、初夏の田んぼ

ここは御殿場の田んぼ。
朝の富士が逆さに写って、いい感じ。
これを撮ったのは5月4日午前8時半。今では苗も大きくなっているだろう。
e0126386_22040603.jpg
年に何回か、田んぼっていいな、と思う時がある。
何故かはよく判らない。
でも道すがら、あ、と思ってクルマを停めてしまう。




e0126386_22040643.jpg
国道20号を通れば早く信州方面に行けることは判っている。
けれどあまり風情がないので、釜無川の南西を北上する県道12号をよく使う。
そこで発見した棚田。6月2日午後6時前。
遠くに八ヶ岳を望む、いい空間だった。




e0126386_22040505.jpg
駒ヶ根温泉ホテルの最上階からこっそり撮った、6月3日朝5時半の田んぼ。
伊那谷に昇る朝日が水面に反射し、僕はうれしくて自然と笑みをこぼした。

数日前にアップした、天竜川の河岸段丘の上の田んぼはこの後に撮ったものだ。
田んぼって、なんか、いいな。


# by libra-mikio | 2017-06-13 22:32 | Mic記 | Comments(0)
2017年 06月 11日

ついにあの鳥の名前が判った!

e0126386_19523161.jpg
ついにこの鳥の名前が判った!
ガビチョウ、というそうだ。

この写真は2015年6月18日の拙ブログ「ムラヤマ・クロツグミのメス? 」にアップしたのと同じ写真である。
要するに僕は長いことこいつの姿を見ることが出来ず、こいつの鳴き声をクロツグミの声だと思い込んでいたのだが、上の文を書いた日に初めてその姿を捉えたのだった。
もちろん即座に野鳥の図鑑で調べたが、どうしてもクロツグミではないと感じた。このいきさつは前ブログに詳しい。
結局、違うよなぁ、と思いつつ、これはきっとクロツグミのメスで、眉毛が白いことからあの村山首相の名前をくっ付けて、ムラヤマ・クロツグミのメスだなどといい加減なことを書いたのである。半信半疑で。

で、実は今日箱根の温泉に行く道すがら、環境省が設置している「箱根ビジターセンター」に寄ったのだが、箱根に生きる野鳥の写真カードが展示されていた。
もしかしてあいつのカードがあるかも? と思い、期待に手を震わせながらめくっていくと・・・あった!
しかしそこには初めて聞く名前「ガビチョウ」と書いてある。
e0126386_20233026.jpg
ガビチョウ?・・・知らない・・・
早速、センターに備え付けの鳥類大辞典など数冊をひっくり返したが、そんな名前はない。
途方に暮れる1ミリ前で、そうだ学芸員さんにきいてみよう、と閃いた。
(僕はナントカ大臣と違って学芸員さんは立派な人たちだと思っている)
相手をしてくれた方は40台の女性で、なんかこう、優しさのカタマリみたいなチャーミングな方だった。たとえるならば原日出子さんのような💛 (余計か)

僕:
実はこれこれしかじかで、この鳥をずっとクロツグミだと思っていたが今日初めてガビチョウであると知ったんだ。フッ、参ったな。しかし僕が初めて聞く名であると同時にどの辞典にも出ていない。これは一体なんでだろう?もし君に知識があるのならば、そして僕に伝えることをヤブサカではないと思うのならば、教えてはくれないだろうか。

チャーミングさん:
うふ、いいわ。教えてあげる。あなたは実に素敵なポイントを突いたわ。実はこの鳥はもともと日本にはいなかったの。中国からペットとして連れてこられたのよ。でもね、ペットが逃げ出したのか、或いは業者がうるさく鳴くこの鳥を持て余して山に放しちゃったのか、とにかく近年急にあちこちで繁殖したの。これはね、ガビチョウっていうのよ。ガ・ビ・チョ・ウ💛 中国での漢字は画眉鳥で、そのまま音読みにしているのね。最近のことだから、こどもやちょうずかんにも偉そうな権威主義的辞典にも出ていないのだわ。 

僕:
ふーむ、ガビチョウ。ところで自分で言うのもナンだが、僕は鳥の声の聞きなしには多少自信があるんだぜ。しかしこいつは、多少の不信感を持ちつつも僕をしてクロツグミだと思わせた・・・。そこのところが少し口惜しいな。俺もヤキがまわったか。

チャーミングさん:
あら、今度は自己嫌悪? あのね、あなたが間違えたのはおそらく無理もないのよ。実はガビチョウはすごく耳がいいと言われているの。どういうことかというと、他の鳥の声をすぐに覚えて真似をするのよ。しかも本当に上手く。実際に、オオルリやキビタキ、サンコウチョウの真似をするのを私は知っている。クロツグミの鳴き真似なんてコロッケ以上に上手いはずよ。だからあなたはそうひがまなくてもいいのよ。どう? ご気分を直すことが出来て?

・・・バカらしい。すみません。

最後に実際にガ・ビ・チョ・ウ💛の美しくも狂おしい鳴き声をシェアさせていただきます。


★さらにオマケ
箱根からの帰り道に当たるので、つい、ヨロイヅカファームのなお美さんのモニュメントに寄ってしまう。
この、なお美より、という文字の形に惹かれてしまうのだ。
今日のバラを何気なく撮ったのだが、いま写真を見ていて気が付いた。むむ、右に金属の銘板が新しく設置されている!
このモニュメントは日々進化している。
今度、ゆっくり読みに行こう。
e0126386_21582004.jpg


# by libra-mikio | 2017-06-11 21:10 | Mic記 | Comments(0)
2017年 06月 09日

自然に包まれる幸せ

e0126386_21004137.jpg
杖突街道から入笠山、或いは中央線の青柳駅方面に抜ける道の途中に金沢峠がある。
その峠の少し手前に、千代田湖という農業灌漑用人造湖がある。
人造湖と言ってしまえばそれまでで身も蓋もないのだが、奥蓼科の御射鹿池(みしゃがいけ)のように周囲の自然に溶け込み、いや、この池があることにより周囲の自然が余計に尊く思われるような、そんな池である。
(そうそう、御射鹿池は今でこそ東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になったが、僕が通りすがりに良い池だと思って、そこでわざわざフルートを吹いていた頃は観光客などは訪れていなかった)




少し前に富士の裾野でトウゴクミツバツツジを愛でたが、この千代田湖ではレンゲツツジがちらほら咲き始めていた。
悲しいことに、僕はレンゲツツジのメッカ、湯の丸高原にはそのピークの時に訪れることが出来ていない。
ここ10年は総務のヘッドとして6月の株主総会の準備があり、湯の丸どころではなかった。
今年からは内部監査に異動したが、学校に通ったり、まだ試験論文を書いていなかったりで、やはり湯の丸はお預けである。
でも、「なんとなく土日ツアー」で初めて訪れたこの場所で出逢ったレンゲツツジは、群落ではないが、僕の心をとても和ませてくれた。
e0126386_21004266.jpg
林間の、黒く落ちる樹影の中にレンゲツツジの子供が佇む。
写真に音は写らないが周囲はハルゼミの大合唱で、その音圧たるや想像を絶する。
初めはあっけにとられていたが、そのうちにナチュラルハイになり笑ってしまった。




高原と青空と、水面と可憐な花木。
おまけにハルゼミの声に包まれ、僕はすごく幸せだった。
e0126386_21004008.jpg



# by libra-mikio | 2017-06-09 21:53 | 高原 | Comments(0)
2017年 06月 06日

夜の公衆電話

e0126386_21192545.jpg
信州から夜遅く湘南に帰る山道に、この公衆電話はあった。

先に言っておくが新しく発見した場所ではなく、明るい時間帯にここを通るたびに、夜の雰囲気を想像していた。
きっと妖しい。そう思っていた。

その通りだった。
雨でも降っていれば、その気配はいや増したろう。
でも、梅雨前の乾いた空気の中だったからこそ、撮ることが出来たのかもしれない。
だって、陰々滅々とした様子であれば僕自身が怖いもの。

僕は前からここを、谷内六郎の「夜の公衆電話」になぞらえていた。
皆さまその絵をご存知か?
雨の夜、太い枝を出す木の下に公衆電話がぽつんと光り、中で白いキツネが受話器を取って話し込んでいる。
その様子を見てしまった幼い姉と弟が、遠くに離れて不安げに寄り添っている。
見る人をなんとも言いようのない、切ないのか怖いのか判らない気分にさせる絵だ。
でもすごく惹かれる。

だいたい、今の世の中で公衆電話がいまだに設置されていること自体、妖しい。
これはやはり、スマホの登録がしにくいおキツネ様たちの通信手段として、NTTが敢えて残しているのだろう。
e0126386_21192491.jpg



# by libra-mikio | 2017-06-06 21:58 | | Comments(0)
2017年 06月 04日

河岸段丘

e0126386_12332509.jpg
河岸段丘のてっぺんから大らかな景色を眺めてみたいと思い立ち、駒ヶ根に行った。
日差しは朝から強いが、気温は15度を下回り、湿度も低く、纏いつく風が夢のように軽く感じられた。

農家に土曜休みがあるとは思えないが、機械は止まっており畑で働く人の姿はなかった。
聴こえるものは耳をかすめる風の音と、遠くでなくアカハラやウグイスの声だけだった。




e0126386_12332461.jpg
こんな高所にも田んぼがある。
苗が行儀よく並び、張られた水は真っ青な空を映していた。
夜になれば蛙たちの大合唱がきっと物凄いことだろう。

真夏にもう一度ここを訪れたいと思った。
稲の実る匂いが暑い風に乗って僕の鼻腔を通り抜けるだろう。
南アルプスの重畳たる山塊の上には素敵な入道雲がもくもくしているだろう。
そんな真夏の光景が既に目に浮かぶのだった。




空が広い。
大地の斜面が広い。
とにかくすべてが広い。明るい。

面白いものだ。
河岸段丘の下は谷で、そこに立てば狭隘である
同じ地形でありながら、自分を置く位置を変えれば、一転して狭隘が広大に変わる。
人生の局面にも同じことが言えるかもしれない。
e0126386_12332526.jpg


# by libra-mikio | 2017-06-04 13:04 | | Comments(0)
2017年 05月 30日

電線のない電柱

e0126386_21245546.jpg
電線のない電柱を見つけた。
それは奇異であり、この上ない違和感があった。
どちらかと言うと、嫌な感じのものであった。




e0126386_21245428.jpg
倒せばいいのに。
この世から無くしてしまえばいいのに。

でも、それを敢えて撮る自分がいる。
美しいものが好きだと公言し、事実その部分が99%を占めるのに、昔から僕は禍々しいものに惹かれる素地を1%持っている。

若い頃から続く現象だが、何気なく本屋に入り、何気なく棚を回ってふと手に取る一冊が、明治時代の血みどろ画の画集であったりする。
本の背表紙のタイトルを見て選ぶ訳ではない。
おそらく僕が惹き寄せられるのだろう。

そういう時、僕の中の99人の僕は、早く本を閉じろと叫ぶ。
しかし同時に、無関心を装う1人の僕が、存在する。
e0126386_21245455.jpg


# by libra-mikio | 2017-05-30 21:47 | Mic記 | Comments(0)
2017年 05月 28日

或るモニュメント

小田原側から箱根にアプローチすると、手前に秀吉が築いた石垣山の一夜城址がある。
城はもちろん残ってはいないが、城郭が公園になっている。
とても良い公園で、豊臣に楯突いた北条の末期を偲ぶという侘び寂びの雰囲気は全くなく、明るく開放的だ。

この公園の駐車場に、パン屋さんがある。
お洒落で美味しいパン屋さんで、しかし敷居は高くない。
そのパン屋さんが、公園ではない部分の海側の斜面に、湘南ゴールド(柑橘類)やブルーベリーの畑を作っている。

去年この一夜城址を知った僕は、折に触れ訪れていた。
今年になって、いつの間にかそのパン屋さんの畑の一画にモニュメントが新設されたことを知った。
そのモニュメントには、なお美さんという方の直筆のような散文が刻まれている。
e0126386_20203914.jpg
いったい、なお美さんという方は誰なのだろう?
文面からするとなんとなく亡くなる間際の走り書きのように思えるけど、この農園の海を見渡せる一等地に建立されたのだから、きっとオーナーかなんかなんだろうな・・・と思っていた。

行く度に、なお美さんという方が気になりだして、ググれば判るかなということでPCに向かった。
e0126386_20204050.jpg





全く予期しなかったが、なお美さんというのは、川島なお美さんだった。
お洒落なパン屋さんと思っていたのは、ご主人であるパティシエの鎧塚俊彦さんのお店だった。
そして川島なお美さんは、2015年の9月に亡くなっていた。
e0126386_20203822.jpg

そういうことが初めて判り、今日、改めてお洒落なパン屋さん、いや「一夜城ヨロイヅカファーム」を訪れた。
そして改めて、川島なお美さんの文章を読んだ。
病床でしたためたのだろうね。
自らの死を認識していた訳だね。

今まで ありがとう なお美より って、悲しいね。




e0126386_20204157.jpg
このモニュメントから数メートルのところに、立って抱き合う蛙のモニュメントがある。
実に不思議だ。
何で蛙が登場するのかさっぱり判らない。

でもね、一体の蛙の背中に、こんな刻印を発見したんだ。
e0126386_20203842.jpg
T 8 N

Tは、おそらく俊彦さんのTだよね。
Nは、おそらくなお美さんのNだよね。
8は、おそらく、・・・?

8は無限大記号を倒立したものなのかもしれない。
でも、大きなお世話だが、気になって二人の関係を集合知に当たってみたら・・・

二人の出逢いから、なお美さんの死による離別までの間が、8年間だと判った。

悲しいね。


# by libra-mikio | 2017-05-28 21:20 | Mic記 | Comments(0)
2017年 05月 26日

初夏の紫

初夏の紫が好きだ。
初夏の紫に惹かれる。




e0126386_22411269.jpg
トチノキ。
お洒落に仏語で言えばマロニエ。
すっくと中天を目指し、花穂も上昇志向を持つ。
潔さを感じる。
願わくば、僕の心にもマロニエを植え、大事に育てたい。




e0126386_22411486.jpg
キリ。
内閣の家紋だそうである。内閣に家紋? どうでもいいが、確かにプロンプターの演壇には桐の紋章がいつも現れる。
そんなことはどうでもいい。
桐は、霧と合うそうである。
箱根で偶然に言葉を交わした古老が、そう断言していた。




e0126386_22411321.jpg
フジ。
山間の道路を走っていると、あちこちにフジが見え隠れする。
藤棚のフジもいいが、野生の趣を横溢させるフジに親近感を覚える。
きっと誰かが見てくれている、と。




e0126386_22411426.jpg
トウゴクミツバツツジ。
好きだなぁ。本当に好きだ。
この色はおそらく人工では真似が出来ないのではないか。
毎年この時期に逢いたくなる。
たまに忙しくて逢いに行けない時もある。
でもね、今年は遭えた。


e0126386_23122364.jpg
木花開耶姫も、トウゴクミツバツツジをご寵愛なさっているらしい。

X-T1


# by libra-mikio | 2017-05-26 23:14 | 高原 | Comments(0)
2017年 05月 14日

薔薇の季節が始まっている

もう、薔薇の季節が始まっている。

毎年、年間パスポートを求める花菜ガーデン。
大輪、儚げ、主張するビビッドカラー、奥ゆかしい内気な娘。
たくさんの種類の薔薇が咲き乱れるが、僕はここ1-2年、ブルーグレーであったり薄いブラウン系の花に惹かれる。
e0126386_18553287.jpg




薔薇に恋する人って粋だと思う。
新しい花を作ることを夢見る人。
創出はせずとも、毎年美しい花を見事に咲かせるために丁寧に手入れをする人。
去年だったか、薔薇を育てる人にジェラシーを感じると書いたが、その想いは今後も変わらないだろう。
e0126386_18553139.jpg




僕はその薔薇たちを写真に撮る。
きれいに、素敵に見えるよう一生懸命撮る。
それが僕と薔薇の付き合い方だ。
e0126386_18553246.jpg
e0126386_19331186.jpg
EOS 7D+100MACRO






# by libra-mikio | 2017-05-14 19:38 | | Comments(0)
2017年 05月 08日

尾道そして美少女

e0126386_21404460.jpg
千光寺公園のてっぺんに登ったら、片積雲が夕方の太陽を隠した。
雲が光を裂き、思わずシャッターを切ったが、僕は画面左下の尾道水道を撮りたかった。




何故尾道水道なのか。
それはこの、加納満さんの写真にノックアウトされたからだ。
e0126386_21403915.jpg
2008年 枻出版、CAMERA magazine no.6の表紙。
表紙だけではなく、掲載された数葉の尾道のモノクロ写真は何と魅力的であることか。
もう、行く、断然行く、と決めてから早10年。
ようやく時期が来た。

地図とストリートビューで、概ねどこのポイントから撮影されたのかは把握できたが、結局今回は時間の関係でそこには行けなかった。
クタビレタから、という説もあるが。
で、似たようなアングルで千光寺公園から撮ってはみた。
e0126386_21404238.jpg
あれぇ、ちょっと違うな?
でもいいんだ。また行くし。




さて突然ですが、ここで一人の美少女が登場する。
もちろん彼女に迷惑が掛からないように現像している。
e0126386_21404598.jpg
まぁ、なんというか、僕はモテるのですよ(笑)
言い換えれば人畜無害ともいうが、なんたって、ほかにも観光客が何人もいる中で彼女から僕に声を掛けてきて・・・
と、詳述してもバカらしいのでやめるが、周りにいたおっさん連中は実に不平そうな顔をしていたのは事実(笑)

なぜ尾道で東欧系なのか。
なぜ東欧系なのに言葉が西日本系なのか?
・・・んなことはどうでも良くって、僕は周りの観光客の怨嗟の的となり、呪いが濃ければ濃いほど天にも昇る気分であった。
これ、事実ですよ(笑)




でもさ、尾道水道って、いいよ。
少しだけ真面目な写真をアップしておこう。
人と、街と、水が、知という衣を纏っている。それが尾道。
e0126386_21404461.jpg



# by libra-mikio | 2017-05-08 23:00 | | Comments(0)
2017年 05月 07日

尾道の想い出

e0126386_22161016.jpg
尾道。
どれほど行きたかったことか。




e0126386_22160903.jpg
古い商店街を風となって歩けば、自転車の乙女たちがツバメの様に滑走してくる。
飛ぶツバメが鳴き声を発しないのと同じく、乙女たちの声は耳には届かない。
しかし心を澄ます必要もなく、若さが限りなく心に聞こえてくる。
旅人の、尾道という地名に対する感傷を見事に否定しながら、乙女たちは駆け抜ける。




e0126386_22161099.jpg
見知らぬ店を選ぶ嗅覚に自信はなかったが、これは、と入った店は案に違わず安心し、落ち着くことが出来た。
老夫婦が営む店には、よく見かけるタレントとの写真が飾られている。
杯が進めば、問わず語りに会話が始まる。
聞けばご子息は公務員で、ご夫妻はそれを誇りにしている。
短い時間であったが、旅の者としての礼節を弁え、今夜の安宿に向かう。


# by libra-mikio | 2017-05-07 22:39 | | Comments(0)
2017年 05月 06日

放哉と大拙

先程、鈴木大拙(だいせつ)の「無心ということ」を読んでいたら、驚くような記述があった。
大拙が放哉の句に言及し、その句を以て「無心」の説明をしていたのだ。

入 れ も の が 無 い 両 手 で 受 け る   放哉

大拙曰く、碧厳集にある金牛和尚の話、「菩薩子喫飯米」では次のことが書かれている。
唐の時代のことであったが、金牛和尚はいつもご飯の時になると、お坊さんが一緒にいる食堂の前にお鉢を抱えて行き、大いに踊りながら呵々大笑して「菩薩子喫飯米」、つまり「ご飯が出来たぞー、さあさあ食べよう」と有難い笑顔で本心から皆にご飯を勧めた。それを20年も続けた。これは「無心」ということがない限りできることではない。
一方、大拙は、ロンドンで禅を普及している際、安田銀行の某氏から、いま日本で一種異様な俳句が作られているが、その中に「入れものが無い両手で受ける」という句があるということを聞いた。某氏はその句を大層褒めていた。
ここで大拙は閃くのである。
金牛和尚は、踊りながら、笑いながら、20年も無心にご飯を勧めていた。
そのご飯を受けるとき、入れものではなく素手の両手で受ける、という光景はこちらも受け手として実に素直であり無心の様子ではないか、両鏡相照らしてその間に映像なし、というものではないか・・・
e0126386_20552699.jpg
*写真は放哉没後、井上一二が施主となり南郷庵に建てられた放哉の句碑「入れものが無い両手で受ける」。書は荻原井泉水。今でも尾崎放哉記念館の庭に建つ。




冒頭にも書いたように、全く予期せぬ記述に心底驚きつつ、つい先日放哉ゆかりの地を訪れたことを想い、世の中にはこんなこともあるのだなあと少し呆れた。
それというのも、昨日、僕は何の気なしに北鎌倉・東慶寺の鈴木大拙のお墓を訪れたばかりなのだ。

放哉の本句は、大拙が言っているような内容・状況で生まれたものではない。何しろ墓守をし、知人にかろうじての金銭的援助を受けながらの困窮状態の中で、かつ肺病が悪化した最悪の時期の発句である。
しかし同時期に作られた句には、
朝 が き れ い で 鈴 を 振 る お 遍 路 さ ん   放哉
というものもある。
やはり放哉自身は句作にあってはまさに「無心」であり、大拙の直覚は間違ってはいないのかもしれない。
e0126386_20552525.jpg
e0126386_20552512.jpg
*オマケ・・・なかなか充実した記念館であった。ただ、係の30代の女性が暗いというか、気が利かないというか、不愛想というか、やる気がないというか、、、


# by libra-mikio | 2017-05-06 22:41 | 放哉 | Comments(0)
2017年 05月 05日

夜のフェリー

e0126386_19051886.jpg
下田逸郎がつくり、石川セリが歌った儚い曲、セクシィ。
・・・旅に出るなら 夜の飛行機 つぶやくあなた セクシィ・・・

夜の飛行機はセクシィかもしれないが、夜のフェリーはもっと現実味を帯びた旅愁を醸し出す。
島外への移動手段が船に限られる小豆島では、夜もフェリーが就航する。

そして男が一人デッキに佇む。




e0126386_19051650.jpg
夜9時。フェリー桟橋では運行要員が手持無沙汰に、しかし忠実に職務をこなす。
僕のような観光客はもう乗船せず、ごく少ない、なにがしかの用事を持つ者だけが船内に入っていく。
騒ぎを起こす馬鹿な若者もいないピアは静かである。




e0126386_19051846.jpg
短い汽笛を一度だけ発し、時刻どおりにフェリーが離岸する。
先程の男だろうか、独り、少しずつ離れていくピアを見つめている。
先程はてっきり彼を商用の人、と位置付けたが、違うのかもしれない。ハートブレイクな若者なのかもしれない。
しばらく考えたが、そんなことはもうどうでも良くなって来ている。




e0126386_19051781.jpg
重油の内燃機関の重い音を港内に低く響かせてはいるが、一瞬華やかに見える船はある意味静かすぎるほど港を出ていく。
フェリーの日常なのだろう。
旅に出ると、非日常なのは旅をしている自分だけであり、その感傷を土地の人に具現化してほしいというのは、旅人の傲慢である。
僕はよそ者であり、僕がどのような感傷に浸ろうとも、土地の人々は忠実に彼らの日常をこなす。




e0126386_19051741.jpg
船足というものは、遅い。が、速い。
時間が万物に共通するスピードであることは理解しているが、少し目を離すと、船は既に遠くなっている。

夜のフェリーは、旅の途中の僕にいろいろなことを突き付ける。

*注意深い読者は既に二隻の別のフェリーの写真が使われていることにお気付きとは思うが、同夜に抱いた作者の主観で綴ることをご理解いただきたい。


# by libra-mikio | 2017-05-05 19:49 | | Comments(0)
2017年 05月 04日

放哉への旅 ~ 海も暮れ切る




障 子 あ け て 置 く 海 も 暮 れ 切 る   放哉




e0126386_18260040.jpg
僕が尾崎放哉の自由律俳句を好きであることは、既に何回も書いている。
そして何年も前から、放哉の最晩年の地、小豆島に行くことを願っていた。
先日の坐禅の話ではないが、人には時期というものがある。
この連休に、とうとう僕は小豆島は土庄(とのしょう)町を訪れた。




e0126386_18260148.jpg
e0126386_18260017.jpg
e0126386_18260096.jpg
岡山からフェリーに乗った。
東京は雷電が走り雹が降ったとニュースが伝えたが、瀬戸内はこれ以上ないほどの優しい表情を見せていた。




e0126386_18260101.jpg
放哉は晩年、京都の一灯園から、神戸の須磨寺、福井県小浜の常高寺を経て、最期はここ、小豆島の王子山蓮華院西光寺奥の院・南郷庵(みなんごうあん)に来た。
仕事は墓守である。
本当はお遍路さんに蠟燭などを売り現金収入を得て余生をつなぐ筈であったが、南郷庵には大正14年の8月に来、翌年の4月7日、肺結核により亡くなる。
来島の8月は既にお遍路さんの季節ではなく、翌春にちらほらとお遍路さんが南郷庵を訪れ始めた時には、放哉はもう食べ物が喉を通らないどころか、好きな酒も体が受け付けない状況であった。
e0126386_18260285.jpg
放哉の最晩年については、吉村昭の「海も暮れきる」に詳しい(本句は「切る」であるが吉村昭は「きる」と仮名遣いにしている)。
ただ、この本は放哉好きが読んでもその個性に違和感を感じてしまい、つまるところ、放哉ってロクでもないな、と思ってしまうのが辛い。
だから放哉のことをよく知らない人には、薦めることをためらう。
e0126386_18260353.jpg
西光寺から5分ほど歩くと、放哉の墓がある。
大空放哉居士(たいくうほうさいこじ)と彫ってある。
放哉を看取った当時の西光寺の住職、杉本宥玄(この人も自由律俳句同人「層雲」に玄々子という号で参加している)が、当初放哉の才能に敬意を表し、
大空院心月放哉居士
と戒名を付けたが、放哉の師であり後見人ともいえる同人代表、荻原井泉水(せいせんすい)たちが、生前の放哉の行動に照らし、あまりにも立派過ぎるとして院、心月の三文字を取ってしまったのである。
井泉水は悪い人ではないどころか、実に放哉を心に掛けていた人であったが、彼をしてもさすがに生前の放哉の人品に鑑みて、斯様なことをせざるを得なかったのだと思う。
或る意味、放哉はそこまで人として練れていなかったということであろう。
なかなか悲しい。




e0126386_18260495.jpg
もう一人、放哉の理解者である井上一二を忘れてはならない。
土庄で代々醤油製造業を営む井上一二は謹厳実直な人格であり、同じく層雲同人であった。
僕はこの一二についても非常に興味があり、できれば現在の井上家を訪ってみたいと思っていたのだが、残念ながらその生家は既になかった。
しかし渕崎という地名の、本来一二の家があった筈のすぐそばに、写真のような旧家を見出した。
これは一二の家ではない。
しかしおそらく一二の家は斯くあったのではないか、と思わせた。
違うことが判っていながら、敢えて写真を撮った。

放哉、井泉水、宥玄、一二。
土庄、渕崎、西光寺、南郷庵。
僕の放哉への旅は、不完全ながらも一応の成果を収めたと思っている。

今回の旅はX-T1による。


# by libra-mikio | 2017-05-04 19:52 | 放哉 | Comments(0)
2017年 04月 22日

坐禅会

e0126386_19594482.jpg
人にはやりたいことが山の様にあるが、それをやるべき時期というものがある。

従前から座禅に興味があり、いつかは経験したいと思っていたが、僕にもようやくその時期が訪れた。

鎌倉五山の第二位、円覚寺での座禅debut

行動を起こしてしまえば、それは全く敷居の低いものだったことが判った。

あ、勘違いをしてはいけない。とっかかりの敷居が低いといった訳であり、奥、到達点など判らないどころか判ろうなどという恐ろしいことを考えてはいない。

e0126386_19594458.jpg
よく似た境遇か否かは知らないが、今日の初心者のための「土曜坐禅会」にはご覧の様に様々な老若男女が集まってきた。

僕みたいな変なオヤジもいれば、カップルもいる。また、20代後半から30代の女性も結構一人で参加していたようだ。

総じて若い方が多いという印象。

e0126386_19594472.jpg
(この写真は「円覚寺・居士林だより」というブログから転載しています)

この居士林という建物で、みな坐る。

靴下は脱ぐ。

後は座り方、印の結び方、目の開け方(半眼)、警策の打たれ方などなどを10分程度で教わり、そのあと15分の座禅が休憩を挟んで2回行われる。

僧侶は若くもなければ年寄りでもなかったが、落ち着いた方であり、諧謔もたしなむ方であり、得も言われぬ信頼感があった。


初心者に対しての警策は、自ら打ってくださいという意思を示さない限り打たれない。

僕は打ってほしかった。警策に打たれることを望んだ。初めてマゾなんだと判った(うそ)。

音が響く。しかし痛みは感じない。想像どおり、警策は心を打つのだ。


警策よりも足が痛かった。

結跏趺坐(けっかふざ)はできないので半跏趺坐(はんかふざ)をした訳だが、痺れるというのではなく筋が痛い。


静かだ。

鳥の声、ウグイス、クロツグミ、キツツキのドラミング(鎌倉にキツツキがいることを今日初めて知った)がものすごく大きく聴こえる。

時折、横須賀線の走る音。

それ以外は無音であった。

老若男女がおそらく100人近く集いながら、カップルの私語はおろかシワブキひとつせず、無音の世界を作った。

しかし「考えない」ということは凡人には不可能ではないか。

無理です。

小池龍之介さんの「考えない練習」をずいぶん前に読んだが、おそらく仏陀以外は考えてしまう、ということが改めて判り過ぎるくらい判った。

e0126386_19594378.jpg

1
時間ほどの座禅入門体験は終わった。

居士林から出てくる方々の表情は明るかった。

おそらく皆さん、嬉しかったのだと思う。

初心者とはいえ、座禅を体験したいという、ある意味素敵なマインドを持った方々である。

きっと、僕が他の人の表情を読んで僕自身が嬉しかったように、他の方々もうれしい気持ちをお持ちになったことだと思う。

おそらく今後、僕は円覚寺に通うことになるだろう。



# by libra-mikio | 2017-04-22 21:12 | Comments(0)
2017年 04月 16日

すこし遠い散歩

伊豆は、海であり、山であり、郷愁である。

今日も一日、伊豆を走った。
季節を求めて。

しかし、旅行ではない。
すこし遠い散歩である。
e0126386_21124735.jpg
e0126386_21124701.jpg
e0126386_21124848.jpg
EOS 5D



# by libra-mikio | 2017-04-16 21:19 | 季節 | Comments(0)
2017年 04月 15日

旅情、谷峨

e0126386_21465282.jpg
旅情というものは遠くに行かなくては味わえないかというと、そうでもない。

御殿場線の谷峨(やが)という駅。
今は亡き親父が、この駅をずいぶんと気に入っていた。
既に何回か僕のブログにも登場しているが、桜の季節になると、どうしてもここに来たくなる。

ありきたりなローカル線の駅だが、親父が好きだったということが、僕に対し特別な意味を持たせる。

人生の岐路や艱難に対峙したとき、僕は決まって親父の墓に出向く。
墓石に向かい相談を持ち掛ける。
そうした文脈とは多少異なるが、僕は桜の季節には谷峨を訪れて、親父に「今年も谷峨はきれいですよ」と報告する。

そういうことが有っていい。
そういう場所が在っていい。

常の墓でなく、いつもとは違う場所で親父と逢う。
その行程は既に心の旅であり、こんな雨上がりのプラットフォームを見て心に起きる感慨は、既に旅情といってよい。
e0126386_21465213.jpg
EOS 5D + 純愛レンズ


# by libra-mikio | 2017-04-15 22:17 | | Comments(0)
2017年 04月 12日

蘆花 湘南雑筆 「花月の夜」

e0126386_23062291.jpg
徳富蘆花 湘南雑筆 四月一五日 「花月の夜」 抜粋。

戸を明くれば、十六日の月櫻の梢にあり。
空色(くうしょく)淡くして碧霞(みどりかす)み、白雲團々(はくうんだんだん)、月に近きは銀の如く光り、遠きは綿の如く和(やわら)かなり。
春星(しゅんせい)影よりも微(かすか)に空を綴る。
微茫月色(びぼうげっしょく)、花に映じて、密なる枝は月を鎖(とざ)してほの暗く、疎なる一枝は月に差し出でゝほの白く、風情言い盡(つく)し難し。
薄き影と、薄き光は、落花點々(らくゝわてんてん)たる庭に落ちて地を歩す、宛ながら天を歩むの感あり・・・

・・・

本日は残念ながら4月15日ではないが、まさに月は十六夜である。
いつかきっとこの文章に写真を付けよう、そう思っていた。
すると、先ほどの帰宅の折、鵠沼公民館を通れば、「十六日の月櫻の梢にあり。」!!!
まだ銀座で飲んだワインがかなり効いている中、リュックからX30を取り出し、なんとか撮った。

今日の写真はクォリティを問うものではない。
風流を問うて欲しい。




# by libra-mikio | 2017-04-12 23:39 | | Comments(0)
2017年 04月 10日

桃源郷

e0126386_21575669.jpg
桃は立派な園芸農学品種だ。
そしてそれ以前に、立派な鑑賞植物だ。
実に可愛らしく美しい。
e0126386_21575516.jpg
山梨の、後世、「桃源郷」と命名された地域の一画にある、桃と菜の花のコントラストが美しい場所。
桃源郷だぜ。
陶淵明だ。
昔、文化が太平洋ではなく大陸に向かって開いていたころのスマートな言葉だ。
清少納言の香炉峰ではないが、陶淵明さんも黄泉で苦笑しているだろう。
e0126386_21575544.jpg
確かに桃源郷だ。
桃の桃色と、菜の花の菜の花色(当たり前だ)が素晴らしい。
雨なので、僕は桃源郷を独り占めしている。


# by libra-mikio | 2017-04-10 22:26 | | Comments(0)
2017年 04月 09日

古城の桜

e0126386_21314277.jpg
桜の季節になると、小山城址に来たくなる。
もう何年も前、自分の感性で見つけた桜の聖域。
土地の人しか訪れず、その人たちの数も少ない。

雨の日曜、今日はきれいだという確信があった。
先週来た時には蕾は堅かった。
でも今日はきっときれいだろう。
期待は裏切られなかった。

古城の桜は幹に苔をまとい、しかし花はたった今生まれたばかりだ。
人の営み、そして時間などということを考える。
e0126386_21314224.jpg



# by libra-mikio | 2017-04-09 21:59 | | Comments(0)
2017年 04月 05日

純愛レンズ

e0126386_20434462.jpg
ヒトに人格があるように、クルマに車格があるように、レンズにはレンズ格がある。
Canon EF24-70mm F2.8L・・・この写真のレンズ。
ね、風格あるでしょ(笑)

アタシはこのレンズが大好きで、その昔ずいぶんと使ったものだ。
カメラ道楽の道を邁進していた折り、フィルムEOS-1vにくっ付けて、重いのも何のその、野に山に飛び回っていたものだ。
そのうちにボディが、デジタルEOS20D、30D、40Dと変遷しても相棒としてこのレンズはいつもくっついていた。

しかしある時、お、重い!と感じ、ついにドナドナしちゃって、EF-S 17-55mm F2.8 ISに変えちゃったのである。
忘れもしない、2008年3月のことだ。(拙ブログ、2008/3/22をご覧あれ。あれ?アタシはこの日に2回ブログをアップしているぞ?)

そしていつの間にか、そのEF-S 17-55mmも、EF24-105mm F4 IS Lに取って代わられた。
ボディもいつしかEOS 7Dに代わっていた。

しかし今般、とあることから、昔の純愛レンズにどうしても会いたくなり、この土曜日にセコハンを物色して、また彼女は僕の下に戻ってきた。
そして、今はおそらく彼女とは一番相性が良いと思われる、アタシにとっての遅咲きのニューカマーEOS 5Dにくっついたのである。

このふた昔前の純愛レンズと、ひと昔前の実直ボディで、アタシはコトシいろんなところに行って、いろんな写真を撮るんだ~い!


# by libra-mikio | 2017-04-05 21:19 | | Comments(0)
2017年 04月 02日

新しい4月

3月が終わった。
2008年にスタートした総務系の業務も終了した。4月からは内部監査に就く。
思えば永い10年間だった。様々なことがあった。あり過ぎた。
でも、終わった。そして心機一転、4月が始まる。





e0126386_19183863.jpg
気分転換にしばらく行っていなかった甲州方面に出掛けた。
寒の戻りというには強烈な寒波であったが、案の定、御殿場から山中湖に抜ける籠坂峠はすっかり雪景色であった。






e0126386_19192497.jpg
河口湖に着いたときは、すでに高層雲が広がり、雪白の富士と空との区別が難しくなっていた。
しかし僕はこういう富士も好きだ。
雲の白と富士の白はやはり違い、却って青空に屹立する富士よりも繊細でしっとりとしている。






e0126386_19191809.jpg
甲府盆地に降りたら、小山城址の桜も、桃源郷の桃もまだ蕾の状態であった。
でもね、栽培品種ではなく野生化したと思われる白桃は盛んであった。
約束通り、お爺さんが犬を連れて散歩をしていた。
なんだか、ずいぶん前の僕に戻ったような気がして、じんわりと嬉しかった。

EOS5D + EF24-70F2.8L



# by libra-mikio | 2017-04-02 19:58 | | Comments(0)
2017年 03月 30日

ためらう春

e0126386_22055493.jpg
3月も終わろうとしているのに、今年の春は何をためらっているのだろう。

いつものように明るい笑みを振りまけばいいのに。

花だって、咲いては見たものの、どこかおずおずしている。

春は、僕などの思いもよらぬ悠久の something からの使いだろう?

そして僕は、春の笑顔を見ることで自分の憂さをようやく晴らすことができるというのに・・・

自らの気分にがんじがらめになるのは僕だけでたくさんだ。
e0126386_22252203.jpg
EOS5D




# by libra-mikio | 2017-03-30 22:26 | 季節 | Comments(0)
2017年 03月 26日

不如帰

e0126386_20003582.jpg
正月に国木田独歩の残り香に惹かれ逗子を歩き、ふと徳富蘆花につながった話を書いた。
その際、蘆花の「自然と人生」を新たに入手した訳だが、しばらくうっちゃるうちに、これまたふと「不如帰(ほととぎす)」を手にした。
しばらく読まずにおいたが、先週、仕事上の気分がひと段落したせいか、何気なく電車で読み始めた。
そしたらどうだ! なんて面白いんだろう!
皆さんはもう既読かもしれぬが、あら筋を書けば次のようだ。

時は日清戦争の前夜、薩摩閥の退役陸軍中将子爵、片岡毅の長女浪子、歳は十八九、同じく薩摩閥の海軍少将男爵、川島武夫、歳は二十三四、両者は良縁にて結ばれる。
浪子は生母に死に別れ継母に育てられたが、「色白の細面、眉の間(あわい)ややせまりて、頬のあたりの肉寒げなるが、(中略)すらりとしおらしき人品(ひとがら)。これや北風に一輪頸き(つよき)を誇る梅花にあらず、(中略)夏の夕やみにほのかににおう月見草、と品定めもしつべき夫人。」である。
因みに、この片岡子爵のモデルは大山巌である。
また海軍少将川島武夫は実に凛とし、女ならず男も惚れる大丈夫である。
しかし武夫の母、お慶は一人息子を嫁に取られた淋しさもある中、浪子が肺の病を患うとこれ幸い、武夫が艦隊演習で外洋に赴くうちに、勝手に浪子を離縁してしまう。
そのあとすったもんだがある訳だが、ユジンとチュンサンもかくやと思われるすれ違いの中、最後まで二人の縁は戻らないのである。

そして浪子は臨終を迎える。
「ほのかなる笑は浪子の唇に上りしが、たちまち色なき頬のあたり紅をさし来たり、胸は浪うち、燃ゆばかり熱き涙はらはらと苦しき息をつき、『ああつらい!つらい!もうーーーもうーーー婦人(おんな)なんぞにーーー生まれはしませんよ。---あああ!」眉をあつめ胸をおさえて、浪子は身をもだえつ。」
「(浪子が気を許す、生母の妹の加藤伯爵夫人は)浪子の手を執り、『浪さん、何もわたしがうけ合った。安心してお母さんの所においで』かすかなる微咲(えみ)の唇に上るとみれば、見る見る瞼は閉じて、眠るがごとく息絶えぬ。さし入る月は青白き面を照らして、微咲はなお唇に浮かべり。されど浪子は永く眠れるなり。

読んでると、浪子が可哀そうで可哀そうで、泣けるんだなぁ、これが。
このストーリーは絶対に映像化できると思って調べたら、もうとっくに、宝塚でも新派でも、何十回となく上演されていました。

そして、僕は改めて昨日、逗子の郷土資料館に徳富蘆花の匂いを嗅ぎに行ったのだ。
すると、岩波文庫のカバーや口絵になっている、黒田清輝の浪子の画に逢うことが出来た。
e0126386_21292042.jpg



# by libra-mikio | 2017-03-26 21:32 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 21日

e0126386_22224884.jpg
数日、伊豆の周縁を走り回っていた。
リアス?の海は、山がすぐに水面に落ちる。
それはそれで趣もあるが、湘南に生まれた身には、やはり砂浜に打ち寄せる波が必要だ。

伊豆から帰り、改めてウチの前の海を見る。
心が和む。

渚はいい。
e0126386_22322240.jpg



# by libra-mikio | 2017-03-21 22:34 | | Comments(0)
2017年 03月 14日

e0126386_23071131.jpg
爽。

4月から爽やかになりたい。


# by libra-mikio | 2017-03-14 23:08 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 12日

とても・・・とても恥ずかしい話

e0126386_21415671.jpg
この写真を見ると、思い出してしまう。とても、とぉっても、恥ずかしい話。

夜のフライトだった。地方空港のラウンジで飲んでいた。理性を失うような飲み方ではなかった。・・・筈だ。
しかし疲れがたまっていたのだろう。機体が滑走路に移動するタクシィングの最中に不覚にも僕は眠ったらしい。

僕の中ではもう離陸はとっくに終わっていた。
ところが突然のGを感じて目が覚めた。
するとなんとしたことか、ヒコーキは今、再び飛び上がろうとしているではないか!
うわっ!なんだこれは!僕が知らぬ間に機体に異変が起きて再度離陸をやり直している!
隣の見知らぬ爺さんに異変を大声で知らせた。
「大変だ、大変ですよ、旅客機がタッチアンドゴーをしている!」
しかしあろうことか、爺さんはケゲンソウにこちらを見るや、何事もなかったかのように視線を外した。さも迷惑そうに。
更に機内には緊迫感などミジンもない。
このあたりでなんとなく気付いた。今初めて飛ぶらしい。既に飛んでいたのは僕ひとりらしい・・・
離陸時の轟音で、僕の声が爺さんの耳には届かなかったらしいことが唯一の救いであった。

そしてまた深い眠りに落ちた僕は、激しい尿意で目が覚めた。トッ、トイレ。
夜のヒコーキに乗る時は、こんな場合に備えていつも通路側の席を取る。
離陸時の失態をイタク恥じていた僕は、今度はちゃんとベルト着用サインが消えていることを確認して、トイレに立った。
最後部のトイレまで歩いて行った僕は、スッチーの驚愕した目に迎えられた。
「お、お客様!当機は最終の着陸態勢に入っております!早くお席に!!!」
ひんむいた目玉と、腕で作る大きなバッテンの身振りで、彼女の叫びを心で聞いた。
「ひぇ~~~!、吹っ飛ぶ~~~!”!”!”」
慌てて席に戻った僕は、それでも改めてベルト着用サインを確認した。
・・・点灯していた。
e0126386_22091127.jpg
何とか生還した僕が、羽田からのリムジンで、ほっとしながら撮ったのがこの写真だ。
京浜工業地帯の灯りを見ると、今でも情けない気分になる(笑)
X-30


# by libra-mikio | 2017-03-12 22:14 | Mic記 | Comments(0)
2017年 03月 07日

ちっちゃな舌

e0126386_22314312.jpg
猫も杓子も最近はネコの写真を撮る。
きゃ~カワイイ、などと一向にその風潮が収まる気配がない。
岩合カメラマンなどもレッキとした「動物写真家」から、単なる「猫のおじさん」と化している。

かといって、ネコを撮ればウケるのか!などと言うのは野暮である。
しからばワタシも・・・

X30を持って自転車に乗っていたら、こんな奴がいた。
こいつ、ますむらひろし、まんまじゃん、なんて思っていたら、ちっちゃな舌を出した。
そしたら、ますむらひろしのくせに、けっこう可愛いんだわ。
思わず撮っちゃった。

茂吉の「のど赤き玄鳥」じゃないけど、その舌の薄桃色はけっこうヤバいインパクトがあるなぁ。
e0126386_22500067.jpg
X30


# by libra-mikio | 2017-03-07 22:53 | Mic記 | Comments(0)