Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 10日

逸る心

e0126386_21192359.jpg
金曜の夜、お天気キャスターたちは「土日は日差しが出ます、でも乾いた空気が肌に心地よいでしょう」と口を揃えて言った。
よし、どちらかの日に曼殊沙華を探そう、そう決めた。

でも土曜日は、目覚めた時から円覚寺に坐禅に行きたくなり、そっち系で固めた。

で、今日、やはり早朝から清々しく、マイフェイバリットエリアに曼殊沙華を求めた。
どうだろう、沢山咲いているかしら、もう現地は老若男女のカメラマンたちで溢れかえっているかしら。

結果はまだ少し早かった。
そして割り合い有名なこの地に、カメラマンはおろか人っ子一人いなかった。
ちゃんと考えれば時期が1‐2週間早いことは判る筈だのに、心が逸り、来てしまった。
でもね、うふふ、数は少ないけれど、今日は咲いている彼女たちを独り占めにできる。




e0126386_21185309.jpg
田もいい雰囲気になっている。
稲の実る甘い香りがし始めている。

すると、こちらもかすかだが、金木犀の香りも交じり始めた。
何処に居るのか確認はできなかったが、初秋の金木犀はなかなか姿を現さないものである。




e0126386_21200571.jpg
マイフェイバリットプレイスからまっすぐ帰る気にもなれず、富士北嶺に向かう。
中の茶屋を過ぎ、林道の名前は失念したが、おそらくは登山道の二合目付近で、ツリフネソウが目立つようになった。
クルマを停めて元気のよさそうな子を探していると、ミズヒキに何かを相談している子を見つけた。
ただ、ミズヒキは心なしか迷惑げだ。


by libra-mikio | 2017-09-10 22:06 | 季節 | Comments(1)
Commented by 通りすがり at 2017-09-12 00:29 x
こんばんは。

Mickeyさんが切り取ってくださった「秋」に、
私の心も逸ります。
四季を彩る色の中で秋の色が一番好きです。
春の色彩に比べ華やかさはありませんが、
落ち着いた深みのある秋の草花、木の葉の色は
目にも心にも優しく、とても癒されます。

先ほど 短い間ですが雨が降りました。
今夜 Mickeyさんが聞いた雨音を
私も聞くことができました。

庭草に村雨降りてこほろぎの
鳴く声聞けば 秋づきにけり  
        ー万葉集 作者未詳ー

おやすみなさい。


<< 村境 そして      地蔵峠、探索終了 >>