Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 27日

東慶寺、雨

e0126386_21262239.jpg
日曜日に待望の雨が降った。
梅雨の時期に「待望の」は本来おかしいが、実際、なんという空梅雨なのだろう。

鎌倉に紫陽花を撮りに行こうと決めていた。
お目当ては明月院だったが、少し出遅れて9時半に北鎌倉に着いたら、なんと横須賀線の線路まで「明月院待ち」の列が出来ていた。

即座にやめて、東慶寺に行った。
正解だった。




e0126386_21262309.jpg
奥の墓所は、いつにも増してしっとりと潤っていた。
石仏の配置が面白くてレンズを向けると、奥の竹が光っていた。光っているように見えた。
まるで竹取物語だ。

いや、待てよ、このように僕の目から見ても竹が光って見えるのだから、いにしえの作者の目にも竹の根元が光るように見えたのだろう。
古来の寓話にはある種の写実があったのだろう。




e0126386_21262389.jpg
これまで気が付かなかったが、「ブライス」さんという方のお墓があった。石塔にはちゃんとカタカナで「ブライス」と刻んである。
つい最近ゆかりの方がお見えになったらしく、薔薇が供わっていた。

岩波茂雄や安宅弥吉、和辻哲郎や西田幾多郎の墓所とそう離れてはいない。
ブライスさん。どんな方だったのだろう。




e0126386_21262413.jpg
少し雨が強くなってきた。
東慶寺の入り口にある「北鎌倉 ギャラリー空」に入り、しばし雨をやり過ごす。

ここにも紫陽花が咲いていた。
あまり可愛いのでお店の女性に声を掛け、写真を撮らせてもらった。
こういうのって、けっこう好きだ。


by libra-mikio | 2017-06-27 21:54 | | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2017-07-01 08:03 x
ブライスさん  多分この方では?

レジナルド・ブライス(1898~1964)
イギリス 日本文化研究者

辞世の句「山茶花に心残して旅立ちぬ」
Commented by libra-mikio at 2017-07-03 21:21
通りすがり様、貴重なコメントを頂きありがとうございます!

ホントですね、間違いなくこのブライスさんでしょう。
今はまだ集合知に確認をしただけですが、ますます(結果として)東慶寺を軸とした様々な先達たちの文化を知りたいと思い始めています。

私一人では決して知り得ぬことでした。
本当にありがとうございます!




<< 振り仰ぐ      夜の愛に逢いに行く >>