Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 07日

尾道の想い出

e0126386_22161016.jpg
尾道。
どれほど行きたかったことか。




e0126386_22160903.jpg
古い商店街を風となって歩けば、自転車の乙女たちがツバメの様に滑走してくる。
飛ぶツバメが鳴き声を発しないのと同じく、乙女たちの声は耳には届かない。
しかし心を澄ます必要もなく、若さが限りなく心に聞こえてくる。
旅人の、尾道という地名に対する感傷を見事に否定しながら、乙女たちは駆け抜ける。




e0126386_22161099.jpg
見知らぬ店を選ぶ嗅覚に自信はなかったが、これは、と入った店は案に違わず安心し、落ち着くことが出来た。
老夫婦が営む店には、よく見かけるタレントとの写真が飾られている。
杯が進めば、問わず語りに会話が始まる。
聞けばご子息は公務員で、ご夫妻はそれを誇りにしている。
短い時間であったが、旅の者としての礼節を弁え、今夜の安宿に向かう。


by libra-mikio | 2017-05-07 22:39 | | Comments(0)


<< 尾道そして美少女      放哉と大拙 >>