Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 22日

坐禅会

e0126386_19594482.jpg
人にはやりたいことが山の様にあるが、それをやるべき時期というものがある。

従前から座禅に興味があり、いつかは経験したいと思っていたが、僕にもようやくその時期が訪れた。

鎌倉五山の第二位、円覚寺での座禅debut

行動を起こしてしまえば、それは全く敷居の低いものだったことが判った。

あ、勘違いをしてはいけない。とっかかりの敷居が低いといった訳であり、奥、到達点など判らないどころか判ろうなどという恐ろしいことを考えてはいない。

e0126386_19594458.jpg
よく似た境遇か否かは知らないが、今日の初心者のための「土曜坐禅会」にはご覧の様に様々な老若男女が集まってきた。

僕みたいな変なオヤジもいれば、カップルもいる。また、20代後半から30代の女性も結構一人で参加していたようだ。

総じて若い方が多いという印象。

e0126386_19594472.jpg
(この写真は「円覚寺・居士林だより」というブログから転載しています)

この居士林という建物で、みな坐る。

靴下は脱ぐ。

後は座り方、印の結び方、目の開け方(半眼)、警策の打たれ方などなどを10分程度で教わり、そのあと15分の座禅が休憩を挟んで2回行われる。

僧侶は若くもなければ年寄りでもなかったが、落ち着いた方であり、諧謔もたしなむ方であり、得も言われぬ信頼感があった。


初心者に対しての警策は、自ら打ってくださいという意思を示さない限り打たれない。

僕は打ってほしかった。警策に打たれることを望んだ。初めてマゾなんだと判った(うそ)。

音が響く。しかし痛みは感じない。想像どおり、警策は心を打つのだ。


警策よりも足が痛かった。

結跏趺坐(けっかふざ)はできないので半跏趺坐(はんかふざ)をした訳だが、痺れるというのではなく筋が痛い。


静かだ。

鳥の声、ウグイス、クロツグミ、キツツキのドラミング(鎌倉にキツツキがいることを今日初めて知った)がものすごく大きく聴こえる。

時折、横須賀線の走る音。

それ以外は無音であった。

老若男女がおそらく100人近く集いながら、カップルの私語はおろかシワブキひとつせず、無音の世界を作った。

しかし「考えない」ということは凡人には不可能ではないか。

無理です。

小池龍之介さんの「考えない練習」をずいぶん前に読んだが、おそらく仏陀以外は考えてしまう、ということが改めて判り過ぎるくらい判った。

e0126386_19594378.jpg

1
時間ほどの座禅入門体験は終わった。

居士林から出てくる方々の表情は明るかった。

おそらく皆さん、嬉しかったのだと思う。

初心者とはいえ、座禅を体験したいという、ある意味素敵なマインドを持った方々である。

きっと、僕が他の人の表情を読んで僕自身が嬉しかったように、他の方々もうれしい気持ちをお持ちになったことだと思う。

おそらく今後、僕は円覚寺に通うことになるだろう。



by libra-mikio | 2017-04-22 21:12 | Comments(0)


<< 放哉への旅 ~ 海も暮れ切る      すこし遠い散歩 >>