Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 12日

蘆花 湘南雑筆 「花月の夜」

e0126386_23062291.jpg
徳富蘆花 湘南雑筆 四月一五日 「花月の夜」 抜粋。

戸を明くれば、十六日の月櫻の梢にあり。
空色(くうしょく)淡くして碧霞(みどりかす)み、白雲團々(はくうんだんだん)、月に近きは銀の如く光り、遠きは綿の如く和(やわら)かなり。
春星(しゅんせい)影よりも微(かすか)に空を綴る。
微茫月色(びぼうげっしょく)、花に映じて、密なる枝は月を鎖(とざ)してほの暗く、疎なる一枝は月に差し出でゝほの白く、風情言い盡(つく)し難し。
薄き影と、薄き光は、落花點々(らくゝわてんてん)たる庭に落ちて地を歩す、宛ながら天を歩むの感あり・・・

・・・

本日は残念ながら4月15日ではないが、まさに月は十六夜である。
いつかきっとこの文章に写真を付けよう、そう思っていた。
すると、先ほどの帰宅の折、鵠沼公民館を通れば、「十六日の月櫻の梢にあり。」!!!
まだ銀座で飲んだワインがかなり効いている中、リュックからX30を取り出し、なんとか撮った。

今日の写真はクォリティを問うものではない。
風流を問うて欲しい。




by libra-mikio | 2017-04-12 23:39 | | Comments(0)


<< 旅情、谷峨      桃源郷 >>