2017年 01月 07日

久々のココロの休みの一日

e0126386_22063508.jpg
年末年始は、確かに休んだ。
でもきっと後日に振り返っても、その休みに一体何をしたのか或いはしなかったのか、きっと判らなくなるだろうから、その日の生き方を写真を媒体として残しておいた。
案の定、いま現在、自分がお休みを取っていた記憶などマゼラン星雲の彼方に消え去っている。
自分のブログを読み返し、そういえば逗子の町を歩いたな・・・っていうレベル。

この5日と6日に大きな試練を迎え、実は休み明けの10日と11日にもその一環の試練が待っている。
でもね、とりあえず済んだ試練の出来栄えは何とか合格点を頂けた様子なので、今日の一日は、ココロの休日とした。
上の写真はさっき大井松田のとあるマイ・フェイバリット・ポイントから撮った残照。
いい具合の巻雲にも恵まれ、久々に嬉々としてシャッターを切った。


e0126386_22202845.jpg
今朝はね、片瀬漁港にもぶらぶら歩いて行ってきた。
放心状態のウミウたちの向こうには、これまた浮世から隔絶された釣り人たちが勝手気ままに糸を垂れていた。
ウミウも釣り人も、今の僕にはうらやましさの対象である。
ウミウは人事案件なんて考えなくてもいいんだもんね。
釣り人は・・・、いや、あの方たちの中には人事マターや資金繰りを抱えている人もいるかもしれないな。
余計なことは言わずにそっとしておこう。


e0126386_22304432.jpg
そのあと、急に温泉に浸かりたくなって、丹沢の懐に抱かれた中川温泉に行った。
以前、3セクっぽい足柄荘なる宿があり、そこのPH10近いアルカリ泉が気に入っていたので再訪したが、なんと時之栖の軍門に下り「丹沢ホテル時之栖」となっていた。
ま、風呂は変わっていないだろうから入った。
そして、ま、変わってはいなかった。
変わってはいなかったと思いたいが、多少塩素臭を感じたな。
まあいい。まったりできたのは事実だ。

経営者が変わればB2Cのアプローチも変わる。
お宿の表には、本物のローソクがたくさん灯されていた。
キレイではある。
でも見た瞬間にアタマをよぎった単語は、シャルリー・エブド・・・


by libra-mikio | 2017-01-07 22:45 | Mic記 | Comments(0)


<< 僕への伝言      独歩を追って蘆花に逢う >>