Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 25日

幸せをどう計る?

e0126386_21505426.jpg
この寒さ。なんか、勘弁してほしいな。
寒さ、だよ。冷涼を通り越している。
今の気温は20度を割って19度だ。ついこの間まで36度だったんだぜ。
この落差はでかい。

あ、ふと思ったんだけど、幸せの温度計、っていうか、幸せ計ってあったらいいな。
今自分が幸せだと思ったときに脇の下に挟んだり耳の穴に入れたり、いや、ヒトは得意になると鼻の穴が膨らむというから、鼻に突っ込んでもいい。

平幸せは36.5°幸せなの。
ところが微幸せが続くと。常時37°幸せ台なの。
でも悲しいことがあると、35.5°幸せくらいに落ちちゃう。
もしも平幸せが34°幸せ台にでもなったら、東京メンタルヘルス㈱に駆け込むの。

いや、ちょっと待てよ。
本人に幸せ感があっても、計ったら33°幸せだったらどうしよう。
本人が不幸せだと思っても計ったら、38°幸せだったらどうしよう。

そうか、幸せ計のゼロ点調整が必要だね。

イメルダ夫人や、旧南ベトナムのゴ・ジン・ジェム元大統領の弟の妻であるマダム・ヌーの幸せ計のゼロ点と、
マッチ売りの少女や、これまた微妙な調整が必要なプリンセス・ダイアナのゼロ点は、きっと大きく違う筈だもんね。

と、ここでまた考える。
幸せ度合いというのは、××°幸せという絶対値よりも、変化の量なのではないかな。

イメルダ夫人の数えきれない靴のコレクションの中で、本当のお気に入りの靴が、どう探しても出てこなかった場合の不幸せ感。
沢田教一が撮った「安全への逃避」で、ようやく川を泳ぎ切ってナパームから逃れた母子の幸せ感。

・・・なんだか、幸せって何だろうと想い始めている。もちろんポン酢醤油ではないよ。
幸せって絶対値じゃないのかもかなぁ。幸せ、あるいは不幸せって、乖離の幅なのかなぁ。
e0126386_22561830.jpg


by libra-mikio | 2015-08-25 23:03 | | Comments(0)


<< 健全な夏を願う      そして帳が下りる >>