Mickey's world

libramikio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 09日

石渡三兄弟

***このブログに載せた写真は、この記事とは違いますよ、というご指摘を頂きました。確かめずに掲載した私に全ての責任があります。
私の思い込みで、不快に思われたかたがいらっしゃったならばお詫び致します。
従って、写真をデリート致します。
本文も、部分的にカット致します。
ご指摘を頂いた方、お教え頂き、ありがとうございました。
深謝致します。***


僕が初めてウィンドサーフィンを覚えたのは、 おそらく1978年、 葉山での講習会(!)だった。
山の中の学校に行っていた僕は夏休みに湘南に帰省し、 ウィンドを習いに行った。

当時、 葉山の石渡三兄弟という方々が主催していた講習会で、 森戸神社の沖でバタンバタンやっていた。
まだウィンドサーファーというワンクラスしかなく (当たり前だ、 世界にそれしかなかったのだから)、 ブームも木材だった。
「天国で君に逢えたら」 という本をお書きになった、故・飯島夏樹氏はこの石渡三兄弟の石渡常原氏の教え子である。

あの頃ウィンド本は数えるほどしかなく、 カリフォルニアからハワイに移住したロビー・ナッシュなんていう青年が書いた本をバイブルのように読んだものだ。

先の飯島さんも亡くなり、 こちらの石渡常原さんも2003年に亡くなっていた。 合掌。

by libra-mikio | 2014-06-09 22:35 | | Comments(2)
Commented by shiki at 2014-07-09 22:58 x
お初にお目にかかります。
石渡さんのおうちとして写真をあげられておりますが、このお家はウィンドサーファーの石渡さんのおうちではありませんよ…
Commented by libra-mikio at 2014-07-09 23:19
あ、そうなのですか!
そう思い込んでいました。
違うのであれば、石渡さんと、このおうちのかたに謝らねばなりません。
他意はありませんでしたが、申し訳ございません。
関係の方々が万が一ご不快な思いをされてしまっ
たことがあれば、すべての責任は私にあります。
記載を訂正致します。



<< 自転車の孤独      共感 >>